ゴルフトゥーランにアイバッハのダウンサスの装着です。

アイバッハ

ダウンサスにはフロントのみバンプラバーが付属されています。

リアもストロークがなくなるのにフロントのみなのはいつも思いますがなぜなのか不思議です。

サスペンション装着作業

スプリング交換

フロントはナックルごとの取り外しです。

ショートのバンプラバーが付属していますので交換はそのまま付け替えるだけです。

純正のバンプより1巻分のショートです。通常のゴルフ7と同じ長さの純正バンプな感じです。

リアの装着です。

リアスプリング

リアはマルチリンクでほぼ全箇所ブッシュなのでスプリングの交換は簡単でも1G締めに時間がかかり車両です。

最近の国産車はナット側に回り止めがついているので工具も抑えはいらないのですが外車の場合は抑えが必要です。

少しの事ですが毎日の作業なので違いが色々と気になるんですよ。

1G締め作業

1G締め

フロントはアンダーカバーの脱着が必要なので脱着して交換をします。

アンダーカバーの上にOIL染みがあるのをお伝えするのを忘れていました。

1G締めの際にバンプラバーを確認するとバンプまでの距離はタッチするかしないかのギリギリです。

ノーマル車高のバンプまでの距離を考えると全然足りません。

加工してストロークを必要分確保します。

ゴルフトゥーランは家族での使用が多い車両なのでリアのストローク不足は同乗者様にとっては問題になります。

しっかりストロークと動きを出せばダウンサスでも乗り心地は良いです。

車高の高さ

ノーマル車高 車高

見た目がかなり変わりました。

適度に下がっていますのでオシャレな感じになりました。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整です。

この車両は前後のトーとリアのキャンバーの調整がメインになります。

フロントのキャンバーとキャスターはメンバーをずらせばある程度の調整は可能です。

リアの調整幅は大きいので数値もしっかりきれいな数値に調整ができますた。

フロントのキャンバーはメンバーをずらしますのでキャンバーの調整と言うよりは左右の数値を近くするといった感じです。

少しフロントのキャンバーは多めなので内減りは若干出る可能性もあります。

数値もきれいになりましたので試乗です。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

リアのストロークもありますので大きめの段差でも前後同じ位のバンプタッチ感です。違和感は無いと思います。

純正との大差はさほどなくマイルド感はアイバッハのスプリングの方がある感じの仕上がりです。

四輪アライメント調整前とは比べ物にならないくらい直進性能も向上しましたので走りやすさもバッチリです。

 

ご来店時この車両は新車かなって思うくらいきれいで四輪アライメント測定時車検書を見るまでは新車と思っていました。

なぜこんなにきれいなのかあとでご連絡をいただきわかりました。

お客様は名古屋でデントリペアやコーティングなどを手がけておられるDR-Garage Okano様でした。

結構きれいって言う感じとは次元が違いましたので気になる方はHPより確認してみてください。

DR-Garage Okano

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 ダウンサス取り付け工賃25000円(税別)四輪アライメント調整15000円(税別)