ロードスターにビルシュタインのB12の取り付けです。

Cリングでの車高調整が可能なモデルです。

B12

このロードスターはAT車になりますのでMT車とはCリングの位置が違います。

ご希望の車高となるかですね。

サスペンション交換作業

フロント取り付け

MT車に取り付けの場合はほぼ記載通りで車高にいつもなるのですがATは少し高めになってしまいます。

なので今回は少しCリングの位置を変更して取り付けをおこないました。

アッパーマウントなどは純正品をつかいます。

スプリングの皿の位置を純正と合わせて組み込みます。

リア取り付け

リアも同じく交換ですがクスコのタワーバーがついているので少しアッパーのネジを外すのに苦労しました。

リアはスタビレス車でした。

スタビを今後純正などで取付ても面白い車両になりそうです。

ビルシュタインの開発時点ではありなのか無しなのかどっちなんでしょうね。

1G締め作業

1G締め

ロードスターはこの作業で乗り心地が決まるといってもいいくらい重要な作業になります。

しっかり必要箇所をおこないます。

これでもブッシュも正常化されましたのでビルシュタインのショックの威力の発揮ができます。

車高の高さ

ロードスターAT

ND5RC

見た目が結構かわりましたね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

仕様は街乗りからワインディングまでの仕様でのセッティングです。

車両はAT車なのできつめのセッティングではなく街乗りにも適したセッティングでおこないました。

前後のトーとキャンバー、フロントキャスターの調整です。

数値もしっかりでましたので四輪アライメント調整完了です。

 

ビルシュタインB12装着と四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地は思っていたより動きの硬さがあります。ビルシュタインらしいショックの効いた感じの走りです。

コーナーの動きも良い感じで楽しく走れると思います。

車高の変化によるストロークも気になりましたが全く問題無い感じです。

フロントに対しリアのロール感の方が多く感じますので粘りがほしいのであればスタビも入れると楽しそうです。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

サスペンション交換工賃18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)