WRXの四輪アライメント調整です。

HKSさんのSPの車高調を装着されています。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

さてHKSさんのSPの車高調はワインディング中心の車高調です。お客様の使用用途は主に街乗りがメインになります。

SPの仕様は街乗りではコーナーでの力は十分に発揮できません。ここで四輪アライメントんも仕様も大きく変わってきます。

SP仕様に対応するためにはそれなりのキャンバーが必要になりますが街乗りではそのキャンバーが内べりの原因を出してしまいます。

またキャンバーをつけない仕様にするとSPの車高調ではコーナーではキャンバーが足りない状況になります。

速度域の問題もありますが数値的には大きな分かれ道です。

今回は車高調を大きくは活かしきれませんがタイヤも考慮しての数値で調整をおこないます。

車高の高さからもリアのキャンバーはさほど多い感じもありませんので前後バランスもとり数値は決めました。

現状はピロアッパーが前回でネガティブになっていましたが戻し中立のいちにしジオメトリーを優先します。

キングピンアングルは保ちつつ外側のキャンバーで調整します。WRXはキャンバーボルト車なのでピロアッパー調整式と同時で行えるためセッティングもより細かくできます。

走るステージでの変更はかなり大事です。

キャンバーと動きを変えトーの数値を調整すれば四輪アライメント調整完了です。

試乗です。やはりGTに比べると沈み込み量が極端に少ないです。Gがかかれば沈み込んで行くのでしょうね。

高い速度域が要求されますが街乗りではその要求は必要ありませんね。

サーキットやワインディングが多くなってきたら仕様変更すると面白いとおもいますよ。

使うステージにあうサスペンションも大事ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整 10000円(税別)