V37にRS-Rのダウンサスの取り付けと四輪アライメント調整です。

RS-R

Ti2000のダウンサスです。RS-Rではヘタリ保証がついているスプリングですね。

ダウンサス取り付け作業

 

V37サスペンション

写真を撮り忘れてしまったので隙間から撮影です。

V37はY51フーガと同じ形状です。

フロントに関しましては取り付けはさほど大変では無いです。

ショックは少し変わっていてバネが付く前は半分くらい縮んでします。スプリングを取り付けすると戻ります。

V37サスペンション

リアもさほど大変では無いのですが内張りを外すのに少し時間がかかります。

サスペンションのアームの構成はほとんどブッシュになりますのですべての箇所の1G 締めが必要です。

1G締め作業

1G締め

ライドハイドを図り1Gがしっかりかかっているかを確認して作業開始です。

純正のボルトナットを緩めるトルクが半端なく硬いです。

日産車はボルト側からもナット側からでも緩めれますがどちらも同じです。締め直し完了後試乗し四輪アライメント調整です。

車高の高さ

スカイラインV37 車高の高さ

少し前下りですね。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整は前後のトーとリアのキャンバーの調整が可能です。

フロントのキャンバーはローダウンにより少し多めです。リアのキャンバーの可動量はV36に比べると多くなっていますので調整幅はあります。

フロントのキャンバーの数値を見ながらリアの数値も調整しトーの数値も変化させて調整しました。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後の試乗

ダウンサス取り付け時の試乗に比べると直進性などの安定感はかなりました。

フロントは純正でもバンプラバーが薄い物が入っていましたのでもともとストローク量が少ない感じなんでしょう。スポーツカーみたいです。

なので大きい段差では若干バンプタッチのような感じがします。リアに関しては適応量カットしていますのでソフトタッチな感じです。

V37はハンドルがV36に比べるとかなり重たい感じがします。タイヤホイールがランフラットタイヤと言うこともありかなり重たいです。

タイヤが変わるだけでも結構軽快になりそうな気がしました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)