ウエシマクリニックと言うメーカーの車高調の取付です。

ブリッツやTEINの車高調のスプリングをMAQSに交換してセッティングをとり販売されています。

バネレートの変更やバンプなどのストローク量も調整されています。

今回も取付はセッティング済み商品なのでお持込のまま取付です。

ウエシマクリニック

TEINさんのFLEX Zの商品ですね。バネレートも結構上がっていますがMAQSのスプリングは初期の揺れが少ないのでTEINさんのショックにはあっていると思います。

車高調取付作業

フロント車高調

現状も車高調ですが車高調から車高調への変更です。

取り外しはブッシュを緩めてロアアームの調整ボルトを外して当店では取付します。

調整カムを外す理由はカムの固着等があると四輪アライメント調整時に問題がでるからです。

サビがあるモノはサンディングして銅グリスを付けて対応します。完全固着は厳しいですよ。

リア車高調

リアは調整幅は無いですね。

ストローク量がリアはロードスターは少ないためスプリングの自由帳変更でショックの調整幅をなくしてストローク長を稼いでいるんでしょうね。車高調整はできませんが車高の高さも維持できるめいいっぱいの方法ですね。

メーカーの余力を少なくすることで実現している感じがします。

取付完了後すべてのブッシュを1G締めおこない作業完了です。

この車両はリアのアッパーアームナックル側などはピロに交換されていました。

持ち込みタイヤ交換作業

タイヤ交換

タイヤも同時に新品タイヤへ交換します。

完全スポーツタイヤですね。

 

ロードスター ローダウン

車高の高さはご来店時より少し上がりましたが問題ないそうです。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

数値はある程度の数値は決まっていますのでできる限りの数値で調整をおこないます。

車高の高さもありますのでキャンバー量も思っていたよりは少なくなりました。

全箇所の調整が可能なのでしっかり調整をおこないます。

最近の車高調は昔の車高調に比べると比べ物にならないくらいよく周ります。

また数値変更でも違いがかなりでますんのでまずは現状を基本として今後に活かすのが良いと思います。

 

車高調取付と四輪アライメント調整後の試乗

バネレートはTEINさんの基準値よりかなり上がっていますが乗り心地のハード感はほとんど無いです。

初期の硬さも無いので運転は街乗りでもかなりしっかりして乗りやすい感じがします。

車高調って色々仕様変更により変化がでます。

メーカーの推奨に飽きてたなどの方はこういったスプリングの変更でも十分違いが楽しめると思いますよ。

直巻のメーカーも色々あり各メーカーダウンサスなどと同じで乗り心地が全然ちがいます。

良いものが見つかるといいですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取付工賃18000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)