ANH30WアルファードにTEIN FLEX Zの取り付けです。

FLEXZ

車高の高さはさほど運転に支障が無い高さにセッティングです。

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントのスプリングも直巻ではないスプリング形状ですね。

この線形が直巻との違いをだしているのと複筒式に合う感じに製作されているんでしょうね。

樽型のスプリングの特徴と復党式のマッチングはいつも良い感じです。

リア車高調

リアはショックは非調整で十分のストロークをだしています。

車高は程よくダウンですがTEINさんの車高調はノーマルと乗り心地が似ています。

ストロークは少なくなってもノーマルに感じます。

この場合、ショックがFLEX Aのようなハイドロバンプでは無いでバンプの制御は純正バンプになると思います。

車高が下がった分とショックのストロークを見ながらバンプをカットして複数名乗車でも対応できるようにしておきます。

バンプカット

車高ダウン量から言えばさほどのカットは必要無いですが乗車定員の増えた時の保険のような物です。

カット整形完了で車高がきまれば1G締め作業です。

1G締め作業

1G締め

この作業でリアの動きはかなり変化がでます。しっかり上下にブッシュが均等に効くため乗り味に違和感や振動もかなり軽減します。

あとはショックとスプリングの持ち味で決まります。

車高の高さ

 

アルファードローダウン

見た目もかなり変化が出ましたね。

乗りやすい車高になっていると思います。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメントは前後のトーとフロントのキャンバーの調整をおこないます。

リアのキャンバーは少し多めですがエディーファクトリーさんのキャンバーアームを取り付けすると今度はキャンバーが結構おきてしまいそうです。

ココらへんはタイヤの減り方をみて今後を決めるのが良さそうです。

現状のタイヤの減りが早い場合は取り付けをタイヤのためにはおすすめをいたしますが現状のキャンバーの方が高速は安定感が出ると思います。

できるだけ減りにくい状態にセッティングはおこなっていますのでタイヤの方は注意して観測してください。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

さて乗り心地です。

乗り心地はノーマルに近い感じの動きですがノーマルのように車両の揺れの大きさはありません。

コーナーでもしっかり曲がっていきますので乗りやすい感じがしますね。

車高を下げても乗り心地の変化は少なくならこの車高調はおすすめですね。

乗車定員の多い方はやはりFLEX Aの方が大きい段差などでは安定感が保てる気もしますね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)