A6にH&Rのダウンサス取付と四輪アライメント調整です。

スプリングは中古のスプリングでした。

H&R

皮膜に塗装のハゲが結構ありますね。

ダウンサス取付作業

フロント交換

このA6はフロントダブルウイッシュボーンのアウディです。

取り外しはそんなに大変な車両ではなく交換できます。

バンプは必要分加工しました。

リアスプリング交換

リアのスプリング交換です。現在1G状態でのスプリングの状態です。

密着度合いが結構すごいですね。少し空いている隙間は異音の原因になりそうです。

バンプラバー加工作業

バンプカット 加工後

上が加工前で下が加工後です。

ストロークは1Gの時点で確認してカットしています。

通常はバンプタッチでバンプが1cmほど沈み込んでした。

バンプタッチで加工無しの方は乗っていいるわけですがリアの乗り心地が結構気になると思います。

ストロークも適正にだせばスプリング本来の動きと性能が発揮できます。タッチの場合だとどこのメーカーのスプリングでも乗り心地はさほどかわらないですし揺れも結構多いはずです。

1G締め

1Gでしっかりストロークも確認して締め直しをおこないます。

アウディはブッシュが結構硬いのでしっかり締め直しを行うことで本来の性能でダウンサスが乗れるようになります。

車高の高さ

アウディA6 ローダウン

結構車高は低いです。

A6のH&Rのスプリングは前下りになりますね。

試乗後四輪アライメントです。

四輪アライメント調整

A6

四輪アライメント調整は前後のトーとリアのキャンバーの調整でフロントのキャンバーはメンバーをずらして左右差を整えることができます。

リアのキャンバーを起こしましたのでフェンダーとの面具合がギリギリになりました。

フロントのキャンバーは少し多いのでタイヤの片減りはでると思います。

調整前は結構ひどい状態だったので調整後はかなりの変化が出ていると思います。

 

ダウンサス取付と四輪アライメント調整後の試乗

H&Rのスプリングはやはりソフト感がありますね。

ストロークは十分ありますので乗り心地は車高が低くても結構良い感じです。

アウディもそうですがゴルフと同じで国産車には無いボディ剛性が感じられますので足回りにしっかり動きがあれば走りはかなり良いですね。

 

参考取り付け工賃

A6ダウンサス取付作業 25000円(税別) 四輪アライメント15000円(税別)