インプレッサGVBにブリッツのミラクルキャンバーアダプターの取り付けと車高調整です。

まずはミラクルキャンバーアダプターの取り付けです。

ミラクルキャンバーアダプター取り付け

ミラクルキャンバー

まずはミラクルキャンバーアダプターの取り付けです。

取り付けはロアアームとナックルの間に入れてキャンバーの調整が可能になりロールセンターの補正ができるという商品です。

よく言えば車高を下げてもアームの角度が保てると言う考えです。でも車高調はもともと純正のようにアームが動きませんので補正する必要があるかも疑問です。

今回は車高の下げ幅が多いので有効だと思いますが車高のだうん量によってはコーナー時にキャンバーの入りが純正より悪くなったりもします。

キャンバーの調整ができますので初期のキャンバーはつけれますが動きとしてはどちらがいいかは乗り手になってくる商品です。

 

車高調整

フロントの車高は全下げでの調整です。

車高はかなり低いのでブリッツの柔らかさだと少しフェンダーへの干渉がでるかもしれません。

 

車高

写真以上に車高は低く感じます。

四輪アライメント調整

 

 

GVB

前後のキャンバーの調整ができますのでリアキャンバーは今回はトーコンロッドは純正のままなのでそこまでキャンバーはつけられません。

純正のトーのカムでトーの調整がきくめいいっぱいのキャンバーをつけました。

取り付けするだけでリアの数値はとても走れる数値ではなくなります。

このブリッツのキャンバー調整ボルトですが

キャンバーボルト破損n

ネジ山は4山ギリギリ噛むかでナットの置くまでしまりきりません。

指定トルク80Nで締め付けるとナット側のネジ山が完全になくなってしまいトルクがかけられません。

なので今度はナットを手持ちの純正ナットに交換して取り付けをすると今度はボルト側のネジ山がなくなりました。

説明書の規定トルクがかけられないなんて製品に問題がある気がします。

片側も80Nで占めると「カチッ」ってトルクレンチの音がするほうが早いかネジ山がなくなるのが早いかって心配しながら締め付けしましたがしまった感じです。

今回は片側はナットとボルトを違うものに変えて取り付けをおこないました。

不安な商品です。お客様にも確認していただきブリッツさんに連絡してもらうことにしました。

数値もほぼ希望通りになりましたがボルトには不安が残りますのでマーキングしてしっかり監視知てもらうことにしました。

 

四輪アライメント調整後の試乗です。

フロントはインナーフェンダーに当たりますね。フェンダーの干渉はなさそうです。

ライナーの加工をするかスプリングの変更ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。