最近BR系のレガシィもかなり増えて来ましたね。

走行距離が増えてきてタイヤの偏摩耗があるそうです。

まずは測定です。

四輪アライメント調整

レガシィ

測定の結果ですがリアのトーがかなり左右とも狂っていました。

左右ともトーアウトなので内減りの原因はこの数値のせいで間違えは無いと思いますがなぜこの数値が出ているのかが気になります。

トーアウトに向くって言うことはこの車両の構造上中々考えにくいです。

現状はノーマル車両でぶつけている形跡も見あらないです。ガタも簡単にですが確認はしましたが問題なしとなるとローダウンからノーマルに戻したなどでないとこの数値は出ないと思います。

お客様が乗ってからはこの状態みたいなのでわからずです。

フロントも左右差がありますがトーの数値は問題無いレベルです。ローダウンからノーマルにしているならフロントのトーの数値が狂っていたりとわからない車両でした。

今回は前後のトーとフロントのキャンバーをしっかり基準値に変更します。数値はきれいな状態になりました。走行距離がありますので足回り自体のヘタリは試乗時に少し感じました。

現状の数値で行けばタイヤは問題無く減ってくると思います。

数値の変化がわからないのでとりあえずは様子見が必要になってきますね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)