レガシィにアプライドE型の純正ビルシュタインサスペンションキットの取り付けです。

きれいな商品ですがサビがとことどことあります。

ビルシュタイン

アッパーマウントの組み込み位置がリアは若干ずれていましたので修正しての組み込みです。

サスペンションキット取り付け作業

 

フロントサスペンション交換

もともとこの車両はビルシュタインでは無いサスペンションです。

今回はビルシュタインに変わりますので車高の変化等はでそうな感じがしますね。

取り付けはすべて同じなので問題無く装着できます。

リアサスペンション交換

リアも同じく交換です。皿の向きをあわせて取り付けをおこないます。先日のBR9は各部のネジの締め付けがかなり強く緩めるのに大変でしたがこのBRMは通常のトルクです。

何が違うんだかわかりません。ブッシュをすべて緩めて1G作業に移ります。

1G締め付け作業

1G締め

しっかり前後1Gでの締め直しをおこないます。

BRMはフロントのメンバーがロアアームの下側になりますのでこの状態の方がやりやすいです。

車高の変化は少ないかもしれませんがブッシュの突っ張りなどの問題での乗り心地悪化が出ないようしっかりこの足回りにあった締め付けを行います。

前後の締め付け完了後は試乗です。

異音等の無く純正ビルシュタインなのでしっかり感がでますね。今までよりマイルドな走りに感じました。

車高の高さ

レガシィ

車高の高さはフロントが1cmほど上がりリアは逆に下がりました。

純正ですとこのくらいの上下はでますがもともとターボなど用のセッティングだとフロント荷重が違いますので車高の変化がでた可能性もありますね。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

ビルシュタインは純正でもコーナリングウエイトが強いショックです。

リアのキャンバーの量を見ながら少しフロントも変更をかけます。

トーの数値は純正数値より変更をせずにセティングします。トーの数値はレガシィは基本セッティングが0なんです。

珍しい車両とも言えますね。

セッティングも完了し試乗です。

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

ビルシュタインでは無い足回りよりビルシュタインに交換していますので動きも変わりますね。

吸収率が高いのでピッシリ感がでています。乗りやすいです。スバル車はあってますね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

サスペンション交換16000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)