ロードスターにTEINのストリートアドバンスZの取り付けです。

ストリートアドバンスZはフルタップ式の車高調では無いので高さ等はストロークを考えるとTEINさんの推奨が一番良いと思います。

ストリートアドバンスZ

取り付け前に標準寸法に調整をしておきます。

アッパーマウントは純正仕様なので組み換えを行う必要があります。

車高調取り付け作業

フロント交換

まずはフロントからの取り付けです。

TEINさんの説明書を読むと結構簡単にフロントの足回りが交換できる事になっています。

当店では1G締めや四輪アライメント調整もおこないますので外し方が少し違います。

ロアアームの調整ボルトを前後とも外してアッパーアームを緩めてショックを抜き取ります。

というのもロードスターのNAやNBもそろそろ純正ボルトの腐食等で動きが悪いものがあります。調整カムを一度抜き取り清掃して取り付けをおこなう作業もしますのでそちらの方が都合が当店では良いのです。時間は少し余分にかかりますがあとの作業がしっかりできますからね。

アッパーマウントは純正の部品を使います。アッパーの上下のブッシュも純正品を使いましたが少し劣化が進んでいましてTEINさんのアッパーシートと変形で干渉があります。

時期を見て交換も必要になってくると思います。

リア交換

リアも同じくアッパーのブッシュは同じような感じです。車高調のシートとドライブシャフトが結構近いですが推奨であれば問題無いですね。

1G締め

1G締め

前後ともしっかり全箇所おこないます。ロードスターは全箇所ブッシュです。この車両は軽い上にブッシュの多い車両です。この変化で乗り心地も車高も結構かわります。

1G完了後試乗です。

車高の高さ

推奨車高

NB8C

車高は程よく下がっていますね。

試乗です。

四輪アライメントはかなり狂っている感じはあります。ストロークも問題無いです。純正に比べるとロール感はかなり減っていますので四輪アライメントんもセッティングの変更もしっかり行えば、街乗りはかなり楽しくなりそうです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

 

今回は街乗りでも楽しく走れるようにセッティングです。

タイヤへのダメージも少なくしながらの調整でおこないます。

ロードスターの基準値はノーマルならではの数値です。高さにより基準値が違います。

ロードスターは前後のトーとキャンバーにフロントのキャスターの調整が可能です。

全箇所しっかり調整をおこないます。ストリートアドバンスの動きを考えて数値を調整しますので純正数値とは異なってきます。

全箇所しっかり調整をして試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

調整後の動きの変化はかなりのものでした。もともと調整ボルトを外していますので数値も悪かったのもあるのですが動きはかなりスムーズになりました。

ロール量も純正に比べるとかなり抑えられていますので程よいキャンバーが街乗りでは十分反応を良くしてくれています。

速度域を上げたい場合はタイヤや四輪アライメントのセッティング変更でもう少し行けそうな車高調だと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)