以前はミラでのご利用でしたが車両の乗り換えでラパンにストリートライドの車高調の取り付けのご依頼をいただきました。

レーシングギア

車高は低くをご希望です。リアを全下げにしてフロントをあわせて調整をします。

車高調の設定がそこまで低くはならないそうです。

まず説明書を見ます。

リアに関してはアジャスターレスでも取り付けが可能と書いてあります。

アジャスターを外してバンプラバーを指定量カットして取り付けします。

ショックの長さも遊ばない長さへの変更の数値が記載されていました。その用に調整をおこない1Gのときにストロークを見ます。

車高調取り付け作業

アジャスター無しですとスプリングのアジャスター側のスプリングの経が多少大きいですが純正のゴムには位置合わせをすれば合いますので問題無いです。

スプリングも遊ばないです。着地時にバンプまでの距離も多少ありました。

フロントは写真を忘れましたが弱フロント下がりでのセッティングで長さの調整をしました。

スタビリンクはこの車両はスタビレスなので取り付けはしませんでした。

車高の高さ

ノーマル 車高

全下げです。

思っていたよりは高めですが十分下がってはいます。

スプリングもかなり短いのにこの車高と言うことはバネレートは高めのセッティングでしょうね。

1G締めを終えて試乗です。

やはり少し固めです。現状スタッドレスですがそれでも固さは感じますね。レーシングギアらしい感じはありますね。

タイヤがラジアルになればもう少し良い感じはあると思いました。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

試乗時かなりの四輪アライメントの狂いがある感じがしました。

数値を出してみると数千キロ乗れるかなって数値です。軽自動車の車高調はいつも恐ろしい数値がでます。

以前のミラもこんな数値ですぐにタイヤがなくなるっておっしゃっておられました。

今回は足回り交換と同時で数値変更しますのでタイヤがすぐになくなってしまうってことはなくなります。

トーとキャンバーの調整をしっかりおこないます。

この車高調はブラケットは長穴仕様では無いので左右差をあわせるほどのキャンバーの調整しかできません。

しっかり合わせてトーの数値をしっかり調整します。現状の車高調のメーカーセッティングのキャンバーの数値に合うようトーをあわせて調整し完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

車高調取り付けのみでの走行時は車が壊れるんでは無いかと思うくらいの乗り心地でした。コーナーでタイヤ鳴きが出るくらいの数値でしたのでこの修正で乗り味は激変ですね。

動きもよくなりましたので固さはありますが十分楽しく車高調を乗れると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃12000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)