RS-Rの車高調Best-iを装着され四輪アライメントのご依頼をいただきました。

取り付けしてから1ヶ月ほどでタイヤがなくなってしまったそうです。
走行していてもマンホール等ですべてしまうそうです。

どんな数値になっているのでしょうか。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

まず測定してみるとフロントのトーが想像していた数値よりかなりのトーインです。

しかもキャンバーもかなりのネガティブキャンバーになっています。

異常な数値が原因でした。

調整前に1Gの締め直しをおこないます。カムリはFF車でフロントのロアアームの形状がトヨタ車には珍しい形状です。

横向きの止め方なので1Gはできません。

リアはストラット車両になります。ボールジョイントも多く使われていますのでブッシュを見極めて1G締めをおこないます。

さて四輪アライメントの調整です。

前後ともにキャンバーの量が多くストラットなのでガタで調整をおこないますがめいいっぱい起こしてもまだかなりのネガです。

ここまでキャンバーが必要とする車両でも無いのになんでこんなにキャンバーのつく車高調を制作しているのか疑問です。

RS-Rは確かアッパーマウントの向きでキャンバーの調整ができると思い説明書とエンジンルームよりアッパーマウントを見てみるとアッパーマウントはキャンバーを起こせる方に取り付けがしてありました。説明書によると1.5度の変更ができるとあります。

現状より1.5度ということは4度近いキャンバーになることになります。

セッティング不足の車高調ではないでしょうか。

今回はキャンバーは前後とも揃えてトーの数値を変更してタイヤの摩耗を少なくします。

キャンバーの量が多いので内減りはでてくるでしょうがご来店時に比べるとかなり良いと思います。

調整後の試乗です。

安定して走れるようになったと思います。

キャンバーに対してはキャンバーボルトのご説明をさせていただきました。今後のタイヤの減り方を見てキャンバーボルト導入を考えると良いと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 四輪アライメント10000円(税別)1G締め4000円(税別)