TEINさんの車高調 FLEX Zの持ち込み取り付けです。

オデッセイのTEINさんの車高調は以前かなり乗り心地がソフトでしたが現在はどうでしょう。

TEIN FLEX Z 取り付け作業

オデッセイ車高調

TEINさんも現在の車高調はトルク管理済みの商品になっています。

最近はしっかりフルコンプリートのメーカーさんも増えてきていますね。

車高は推奨より変更してダウン量を少なくします。

車高調取り付け作業

車高の高さはあとから調整をおこないますのでまずは装着です。

オデッセイの場合はリアの減衰力があとから調整が厳しいので先に調整を行っておきます。

フロント車高調取り付け

フロント車高調

まずがフロントからです。

TEINさんの車高調はフロントの位置決めのブラケットを外し移し替える必要があります。

純正から左右外して移し替えますがこのサイズにかなりゆとりがあります。

以前は結構ぴったりだったのにどこかでこの商品は仕様変更がされていますね。

リア車高調取り付け

リア車高調

続いてリアの車高調です。

リアはブッシュを緩めて外していきます。

この車両は固着等なくすんなり取り外しができました。

車高はエアロ装着のため上げての装着になります。

1G締め作業

1G締め

車高をきめてから1G締め作業をおこないます。

車高を決める時はすべてのブッシュを緩めてから車高をきめます。

でないと、1Gで車高が変わってしまいます。この車両は1Gで車高の変化が大きいのでそれだけブッシュの依存度が高いということですね。

なので1Gを行っていない車両とは車両の動きにゆとりが全然違ってきます。

いつもどおり緩めた状態で車両を揺すって見ると以前何度も付けたFLEX Zとは動きが違います。まだ柔らかいですが以前のような止まらない動きでは無いです。

ブッシュを締めて動かしてみると硬さは驚くほど違います。

1Gも終わり試乗です。

やはり減衰力中間でも動きはショックでしっかり制御できている感じがします。

フロントはもう少し減衰を上げても良い感じです。

車高の高さ

車高

推奨より上げています。エアロがある分は低いですね。

程よく下がっていますので良い感じです。

四輪アライメント

四輪アライメント

アームはノーマルなのでリアのキャンバーはナチュラルに3度ほどついています。

タイヤの内減りはでてしまいそうです。

偏摩耗は少なくなるように調整をおこないます。車高調の動きもある程度ありますのでキャンバーに対する内減りはでますが乗り心地への影響はよさそうです。

前後のトーを調整し作業完了です。

四輪アライメントを行っていればまだこのキャンバーでもタイヤの方の保ちは良くなりますが行っていないとあっという間になくなってしまいそうでした。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

TEINさんの車高調はこの車両に取り付けるといつも動きに不満がありましたが現在のものでしたらまだ納得が行く乗り味になっていると思いました。

街乗りでのローダウンでしたらこれくらいの柔らかさの方が乗りやすさはありますね。ワゴンですから。

オデッセイはブッシュの影響が大きいため1G状態での取り付けを行っているかで乗り心地が随分変わってきます。

この差が動きの違いを出しているのだと思います。

これでしたらお値段以上な気がします。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)