ハリアーにHKS車高調スタイルLの装着とエディーファクトリーのアッパーアームの取り付けです。

車高と減衰力は推奨でのセッティングです。

HKSスタイルL

リアは直巻きのスプリングの仕様です。

乗り心地は直巻きのスプリングなので結構スポーティーな感じになりそうな予感がします。

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントはストラットタイプのハリアーです。

推奨で組付けるとスタビリンクの長さもちょうどよい感じです。

フロントのスプリングも直巻きですね。自由長が結構あるので直巻きでも動きがありそうです。

 

足回り交換

リアは下側がロッドになる作りです。

純正のショックは下側に何かがあたってもよいようにショックが補強されていますがHKSさんのモデルはそういった感じではなくロッドが下側です。街乗りメインでの仕様が前提でしょうね。

スプリングは直巻きで取り付け方がありますので説明書はしっかり読まないといけませんよ。

今回外したショックは左側がオイル漏れを起こしていました。純正でしかも走行距離は少ないのに漏れてるなんてとりあえずショックだけでもクレーム交換しておいた方が良いですね。

エディーファクトリーリアアッパーアーム取り付け

エディーファクトリー

純正加工品の商品です。

今回はHKSさんの車高調のダウン量を見てみると少し少なめの設定なのでキャンバーを起こす側にボルト穴を持っていくと起きすぎてしまう可能性がありますので今回はネガ側で締め付けます。

ハリアーの場合は外側がピロボールなのでそういった調整が多少はできます。

 

アッパーアーム交換

アッパーアームの取り付け完了です。

純正加工でしかも溶接跡が消してあるので全くつけてしまうと純正品と見分けがつきませんね。

取り付けが完了したら1G締めをおこないます。

写真を撮り忘れてしまいました。リアはショックのボルトは締めにくいので最初にライドハイドを図って締め直しをおこなっています。

その他はベスト工具がありますので問題なく締め直し完了です。

さて試乗です。

やはり少し硬さはあります。しっかり感満載な感じではありますので高速道路や少し速い速度域はかなり威力を発揮してくれそうです。

四輪アライメント

四輪アライメント

さて四輪アライメントです。

リアのアーム交換をおこなっていますのでキャンバーの数値がどの程度になっているのか気になるところでしたので測定してみると35mmダウンでキャンバーは1度に行かないくらいです。

この車高調の動きであればもう少しキャンバーも欲しいところですがタイヤの変摩耗には代えられませんね。

この数値であれば内べりは問題無いですがアッパーアームが延長されていますんでバンプステア時の数値の変化がどれくらいになるのかがそこまで沈み込む足廻りではないのでわかりません。

今回は一般的な数値で調整をおこないます。

フロントのキャンバーの数値もキレイに左右差を合わせて調整をおこない前後のトーも修正しました。

おおよそ純正基準値にまとまりました。

調整後の試乗です。

車両の動きは少し制限されている感じはありますが走りは中々良いです。

少し硬めが好きな方はHKS、柔らかめをご希望の方はタナベがお勧めな感じです。

CX-5

車高はそこまで低くはないですがこの高さでもキャンバーアームが必要になってきます。

アームがないとかなり内べりが出てしまいますので交換と同時に取り付けされる方が良いですね。

調整式もありますが皆さん非調整を選ばれる理由は車検ですね。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額 車高調取り付け工賃18000円(税別) アーム交換5000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)