ブリッツの車高調の取り付けとタイヤ交換、四輪アライメントの作業のご依頼をいただきました。

 

ブリッツ車高調

ブリッツ車高調の取り付け

車高調は新品の車高調で車高の高さは以前当店のブログをみて決めておられました。

今回のブリッツの車高調は減衰力調整ダイアルがついていたり少し仕様変更がありそうです。

取り付け方法などにはちがいは無いので車高を考えて取り付けします。

 

フロント車高調の取り付け

フロント車高調

フロントはアッパーマウントのゴムは純正流用です。

ブリッツはフルタップ式の車高調なのでストローク長、プリロードはメーカー指定での取り付けになります。

車高の高さはリアの高さに合わせてフロントをあわせていきます。

リア車高調の取り付け

リア車高調

リアは別体式のモデルです。車高の高さはもともとの標準のダウン量が50mmほどなのでそれより15mmアップにしますが全上げでその寸法です。

ショックのストローク量も変更します。バンプまでの距離感もコーナーでは重要になってきますし大きいバウンド時でのバンプの大切さも考えての長さで調整します。

光軸ロッド

テイクオフさんの光軸ロッドも同時に取り付けをおこないます。

高さはノーマルの位置になるよう最初に測定した位置に取り付けます。

 

減衰力のダイアルの内張り加工もおこない1Gの締め直しをおこない車高調取り付け作業の完了です。

持ち込みタイヤ交換作業

タイヤ交換

今回選択されたタイヤはブリジストンのRE003です。純正の足回りにだと硬さを感じますがブリッツの車高調だと動きはどうでしょう。

バランスもとりタイヤ交換完了です。

車高の高さは?

 

ノーマル車高 ローダウン車高

車高の高さはフロアで見ると少し前下りになりました。フェンダーの隙間を今回は合わせています。

ココらへんは好みですね。

 

取り付け完了後の試乗です。

タイヤの硬さがでるか気になりましたがあまり感じませんでした。乗り心地自体はノーマルのようにピーキーな感じは無くマイルドな乗り味です。

ブリッツのいつも思う強度の無さは軽自動車の場合は感じませんのでしっかり街乗りでは走れそうです。

 

四輪アライメント

 

四輪アライメント

ブリッツの車高調はロアブラケットが長穴加工されていますのでキャンバーの調整が可能です。

今回は街乗りで車高調が十分楽しめるくらいのキャンバーにして調整しトーを修正して作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後の試乗

 

トーの変化がかなりありましたので走りはかなり変わりました。

動きが落ち着いたので直進もかなり楽になっています。

コーナーでも楽しめる感じがします。減衰力は中間で純正より少し動きに柔らかさが出ている感じがありますのでもう少し走りたいって時には減衰力を調整してみるのも良い感じになると思いますよ。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 車高調取り付け工賃14000円(税別) 光軸ロッド交換1000円(税別) タイヤ交換15インチアルミ6000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)