本日はKONIのショックと純正部品の交換の持ち込み取り付けと四輪アライメントのご依頼をいただきました。

NA6CEは昔よく取りつけをしました。KONIのショックも人気ありましたね。

KONIショック

ショック交換作業

KONIのショックはそのまま取り付けがNA6CEはできません。

アッパーマウントの穴を広げなければいけませんので加工が必要です。

純正アッパーマウント加工

右が加工後で左は加工前です。切り欠きの除去と穴を10パイまで広げます。

前後4つのアッパーアームとバンプラバーの受け皿もおこないます。

ついでにKONIのショックにかぶせる樹脂カバーも加工しないとリアは入りません。

昔から変わらないですね。

10パイのショックのロッドの方が強度が高いのかなぜ穴の加工がいるかはわかりません。

加工が終わればショック交換です。

ショック交換作業

フロント取付

リアはダストブーツも新品をご用意されていましたので新品に交換をおこないました。

フロントも切れていましたのでできれば交換の方が良かったですね。

スプリングも新品を純正品でご用意いただいておりますのでスプリングも交換です。

 

リアショック交換

フロント装着完了です。

ロードスターはみなさん取り外し方がいろいろですが当店はロアアームを外します。

外したキャンバーとキャスターの調整カムのネジ山が良くないので切りなおして銅グリスを塗りショック交換をして取り付けをいたしました。

四輪アライメント調整の部分なので後々調整するときに苦労しますからね。

アッパーアームを緩めようと思ったら締め付けがめちゃめちゃ緩く締まってるってぎりぎりな感じでした。

続いてリアです。

フロントショック交換

リアはアームは外しません。

リアはブッシュ類をすべて緩めてスタビリンクを外せば簡単に抜けます。

ここでリアのアッパーアームを緩めるわけですがこれはボルトが折れそうな硬さです。

結構長いスピンナーで何とかパッキーンって言って緩む感じでした。ボルト伸びてないかが少し心配です。

ブッシュは後でしっかり1Gで締め付けするのですべて緩めて作業をおこないます。

1G締めの作業

1G締め直し

交換後はすべてのブッシュを1Gで締め直しします。

アッパーアームのブッシュ類はすでに交換をおこなっているそうです。

ショックにスプリングも新品なのでかなりしっかりしそうですね。

リアのボルトの締まり方も通常のような感じで回りましたのでネジは伸びていない感じです。

しっかり締め直しをおこないます。ほぼ全箇所ブッシュの車両です。

さて試乗です。さすがにしっかりしています。四輪アライメント調整用のカムを脱着していますしリアも作動の確認をしていますので数値がかなりやばい感じがします。

この当時のロードスターはブッシュの効きがかなりいい感じなのでショックとスプリングの動きがかなり制御されている感じがします。古さをあまり感じません。

四輪アライメント調整

サスペンション交換後は正確な数値で気持ちよく乗りたいですね。

数値をしっかり出して調整をおこなっていきます。

四輪アライメント

今回はショックの動きが思ったより固めですが少しノーズがブレーキング時に下がる感じがあります。

ここら辺は修正で行けそうです。

前後ともに純正基準値よりキャンバーの数値の変更とキャスターの数値の変更、トーの数値の変更をおこないました。

リアのトーの数値が一番悩みましたが今回は無難な数値に調整をおこないました。

サスペンション交換と四輪アライメント後の走り

動きはかなり良い感じです。タイヤが街乗りのタイヤなのでそのタイヤに対応できる数値で調整をしていますので数値は少しゆとりがあります。ですが反応も良いですし純正のスプリングとKONIのショックの反発力、ブッシュの効きが中々良いです。まだまだ現役バリバリって感じがします。

楽しく走れる車両になったと思います。

 

 

それではこの度は三重県よりご来店ありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額 ロードスターショック交換16000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)純正処分代金1000円(税別)