本日はゴルフ7のリジカラの装着と1G締め直しに四輪アライメントの作業です。

現状はCOXのダウンサス装着済みです。ディーラー様の取付なので1Gは多分おこなっていないでしょうね。

 

リジカラ

リジカラ取付

ゴルフはボディ強度の高い車両ですがメンバーのボルトが通る部分はボルトのサイズに対し結構大きめの穴が空いています。

フロントなどはメンバーをずらしてキャンバーの左右差を調整できるようになっているぐらいです。

その部分をリジカラでなくします。

リジカラ リジカラ

 

リジカラグリスをたっぷり塗って取付をします。

この違いはこういった強度の高い車両に装着した場合の効果はどうでしょう。

今回は同時に1G締めもおこないますのでブッシュの変化がどれくらいあったか1G状態でブッシュを緩めて見ました。

1G締め

1G締め直し作業

もともとゴルフはほぼブッシュで構成されています。ブッシュを眺めて見ると沈む方向にねじれているのがわかりました。

緩めて見ると1Gでブッシュが戻るのが確認できました。ひねった状態を開放したのがわかります。

1G前とブッシュを緩めた状態と1G後で車体を揺すって見ると動きの違いがかなりわかります。ゴルフはブッシュの動きはかなり重要なのがわかります。

1G締めの効果はかなりありそうです。

前後しっかり行い試乗です。

四輪アライメントがかなり狂ってしまったのがわかります。もともとしっかりしているお車ですがご来店時より動きがマイルドにかなりなりました。

リアの揺れに関してはかなり変化があったと思います。

四輪アライメント

四輪アライメント

COXのスプリングのダウン量は2cm程度なので数値的な変化は少ないはずですがリアのキャンバーは2度30分ほどになっていました。

お客様もCOXのスプリングに交換してからリアのキャンバーが気になったそうです。ディーラーさんも足回り交換時に四輪アライメントは行わないんですね。

トーの数値も1Gの締め直しを行っておりますので結構悪いです。

フロントはリジカラの装着でメンバーがずらせませんので現状のキヤンバーの数値のままになります。アッパーマウント部分のガタで多少の調整はできましたのでおこないました。

リアは調整カムがついていますので今回は車高のダウン量も少なく動きも純正のようなので数値も純正値に近づけて調整をします。

フロントのキャンバーは若干の左右差はありますが問題ないレベルです。

調整後のインプレッション

調整後の試乗です。なんだろう剛性感がかなりいい感じです。タイヤの動きがわかりやすくなりました。

全体的バランスがよく感じました。

それではこの度は三重県よりご来店ありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 リジカラ取付20000円(税別)1G締め8000円(税別) 四輪アライメント15000円(税別)