お持込でエスペリアのダウンサスの取付と四輪アライメントの作業です。

バンプラバーもエスペリアの商品をご持参いただきました。

エスペリアダウンサス

エスペリアは青色のダウンサスですね。ダウン量は多めなメーカーです。

サスペンション交換作業

まずはフロントから装着していきます。

フロント取付

バンプラバーの加工がありませんので外して付け替える作業です。

スプリングは純正に比べると短いですね。ダストカバーもキレイな車両でした。

 

リア取付

リアはだいぶ純正に比べると巻数が多いスプリングです。

トーションビームはリアの乗り心地に不満が出やすい車両なのでエスペリアさんは巻き数を増やして緩やかなのり心地がでるようにセッティングしているんでしょうね。

スプリングの長さも純正とほぼかわりませんが車高はしっかりダウンします。

エスペリアスプリングの車高調の高さ

アルファード

ダウン量はフェンダーとタイヤの隙間が指1本半ほどです。ちょうど良いダウン量ですね。

試乗です。乗り心地は悪くないです。路面の深いギャップはバンプラバーがしっかり効いていますので沈み側の深さは感じません。

反発力は若干純正バンプに比べると強い感じはします。

現在のタイヤが純正サイズなので乗り心地は確保できていますが大口径にすると少し硬さが出る感じはあります。

ダウンサス交換後の四輪アライメント

 

四輪アライメント

20アルファードはリアはトーションビームのため調整ができません。

フロントのキャンバーとトーの調整が可能です。

ダウンサスで1Gの締め直しも行っていますのでフロントのトーはかなりのトーアウトになっています。

そのまま乗るとタイヤの偏摩耗はかなりでそうです。

しっかりキャンバーの調整とトーの調整をおこないましたのでタイヤの負担もかなりかわりました。

調整後の試乗です。

直進性は問題無しです。乗り心地もそれなりに良いです。エスペリアのダウンサスは1年くらい経つと結構車高の変化が出る場合があります。

あまり変化が出る場合は四輪アライメントに影響がでてきますんので現状の車高を覚えておきましょうね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 ダウンサス交換工賃16000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)