KYB NEW SRとTGSアンチロールスプリング

KYBNEWSR

ショックとスプリングやアッパーマウントなどすべて新品で別々のお持込をいただきました。

組み込みをしてからの取り付けです。

TGSのスプリングはアッパーマウントの外径が少し大きいのでアッパーの皿に収まっていない感じがします。

新品で組み付けをすると余計にアッパシートのゴムがしっかりしていますのでわかります。

一番よさそうな感じに組み付けをし車両へ取り付けです。

Anti Roll Suspension ±0 / アンチロールスプリングゼロは車高の変化がなく乗り心地を向上させるスプリングとなっているそうです。

Anti Roll Suspension ±0 / アンチロールスプリングゼロ

純正フォルムを保ちつつ、走行性能の向上を実現するカスタムサスペンションです。既存4WD車の基準を超える走行性能を与えられたD:5ですが、純正の最大公約数的な味付けのセットアップでは、追加装備による重量増や、大径ホイール装着に対してまでは対応し切れていないと言わざるを得ません。
「純正スタイルのキープ」「乗り心地」「走りの性能」、カスタムにこだわりをお持ちのユーザーの要求を高次元で満たすべく、D:5を知り尽くしたTGSが高性能カスタムスプリングを提案いたします。
製品はノーマルのフォルムを尊重する±0mmハイトに設定。ベンチテストだけでなく、実走テストの繰り返しを経て決定された絶妙なバネレートにより、アンチロール性能を確保しつつ、節度有る作動感と乗り心地の良さも確保。スポーティー&コンフォート、相反するドライブフィールを高次元で両立しました。

高い性能要求に応える為に、素材、製造工程における固体管理を徹底。装着した瞬間から、過酷な環境で使用されるサスペンションスプリングで有るが故、製品設計と同様の高レベルな製造管理を行いました。高温熱間成型、焼入れ焼き戻し工程を経たスプリング材は、磁気利用の特殊検査により、安定性能発揮の妨げとなる素材傷を徹底探査、表面強度を高めるショットピーニング加工を経て製作。製品仕様設定時には連続動作20万回超の圧縮テストも実施。高性能を長期間安定発揮します。

TGS様より引用 Anti Roll Suspension ±0 / アンチロールスプリングゼロ

デリカではメジャーなメーカーですね。

フロントスプリング交換

フロントの装着です。アッパーカウルを外してアッパーマウントへのアクセスです。

KYBのショックとのマッチングはどうでしょうね。

 

リアスプリング交換

リアもすべてのブッシュを緩めてスプリングとショックの交換をおこないます。

スプリングの自由長は若干TGSの方が長いですね。

 

1Gの締め直し

1Gの締め直しをおこないます。

フロントはアンダーカバーを外す必要がありますので外しておこないます。

ブッシュの動きが悪いとどうしても走行に違和感がでますのでしっかりおこないます。

さて交換後の試乗ですがショックの硬さは若干ありますがタイヤが16インチでもしっかり感がでます。

この型のデリカは基本18インチが純正で装着されています。16インチにインチダウンするとかなり不安定感がでますがこの足廻りと16インチは相性はかなり良い気がします。

 

タイヤ交換

タイヤも同時の交換をご依頼いただいておりますのでタイヤ交換もおこないました。

交換のタイヤはミシュランです。

さてサスペンション交換とタイヤ交換が終わりましたので四輪アライメントです。

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントは前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。

リアのキャンバーやトーの感じを見ると車高は上がっている数値がでています。

前後のトーとフロントのキャンバーをしっかり調整し作業完了です。

数値は純正基準値内に収まっています。

車高の高さは

車高

最初に数値を図っていないのでどれくらいかはわかりませんが前後ともに上がっていると思います。

試乗ですがタイヤも新品なので当然ですが安定感はバッチリあります。

良い組み合わせだと思います。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 サスペンション交換 16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)