MINIにブリッツZZRダンパーの取り付け

ブリッツ車高調

ブリッツ車高調の取り付けです。

新型のMINIなのでリアのサスペンションは別体式になっています。

フロントは前型と似た感じですね。

車高調取り付け作業

フロント車高調取り付け

まずフロントの車高調の装着からです。

ブリッツの車高調のブラケットのロックシートはジルバーです。国産車だと赤色の物がついていますが何か違いがあるのでしょうか?

ブラケットとナックル部分を締め付けると車高調整はできません。ブラケットの強度不足なんでしょうね。

リア車高調取り付け作業

リア取り付け

リアのサスペンション交換です。

リアは今回よりショックとスプリングが別体モデルになっています。

バネの位置はショックより前側になります。

ここら辺はBMW,アウディやゴルフなんかと感じが似てきている気がしますね。

1Gの締め直し

1G締め直し

かなりやりにくい1Gの締め直しをおこないます。

アームを緩めるのに遮熱板をずらしたり色々しないとできません。

しっかりおこないます。

 

リア車高

車高の高さは結構低めのセッティングです

これでもブリッツの推奨よりはだいぶ上げています。

 

フロント車高

同じくフロントもです。

この車高調は純正ホイールの場合付属の5mmスペーサーを付けないとタイヤに緩衝し取り付けができません。

スペーサーを入れると結構フェンダーとツラぐらいです。

乗り心地はいつものブリッツな感じです。ローダウンでもストロークもありますし悪くないですが車高調の強度というかしっかり感と言うのは少し無い気もします。

四輪アライメント

MINI 四輪アライメント

MINIの四輪アライメントです。

MINIはなかかな手強い車両の一つです。

リアのトーがなんと言ってもやりにくいです。

サービスホールが狭いため今回はアンダーカバーを外し作業します。

これまたアンダーカバーのタッピングビスの受けるプラスチックが弱すぎて緩めるとねじれて一緒にはずれてきます。

締めすぎですね。何個かビスごと外れてしまいました。

四輪アライメントはリアのキャンバーがめいいっぱい調整しても基準値許容範囲より外れます。

そこまでひどくは無いので車高調の動きでしたらワインディングで十分気持ちよく走れる数値です。

街乗りが多いと少し内減りがでるかもしれませんね。

その他もしっかりと調整し作業完了です。

MINI

車高の変化でぐっと引き締まりましたね。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

それではこの度はありがとうございます。

参考取り付け工賃 足回り交換27000円(税別) 四輪アライメント10,000円(税別)