KYB エクステージキットの取り付け

ロードスター KYBエクステージ

さて今回はロードスターにKYBのエクステージキットです。

ローファーキットもKYBさんはありますのでエクステージはどのあたりをターゲットに制作しているのか楽しみです。

フロントの足回り交換

ND5RC フロント足回り交換

まずフロントです。

ロードスターはフロントはダブルウイッシュボーンなのでアッパーアームのあるタイプになります。

ストラットとは違いさほど足回りに強度を求めない形状なので純粋にブッシュの動きを正確にしてあげれば乗り心地もショックとスプリングに依存されますね。

リアの足回り交換

ND5RCリア足回り交換

前後ともに純正アッパーを仕様するモデルとなっています。

さてリアですが現在クスコさんのタワーバーがついています。

この商品がかなり問題児です。ネジの締めにくいです。

お客様いわくノーマルでもリアの挙動がかなり代わったそうです。

KYBとのマッチングに邪魔にならないとよいのですが

 

1Gの締め直し

1G締め直し

KYBさんは開発で1Gでしっかりセッティングをだしているそうです。

ということはメーカーの狙いの乗り心地になりますね。

1Gで作業をおこなっていないメーカーの足回り交換をおこなうとメーカーの狙いがどこだったのか全くわからない車高調も多々あります。

その場合1Gを行わないと言う手もありますが取り付けしたばかりは良いですが経年劣化とともにいずれ問題がでてきますね。車高調にも車両側にもです。

 

 

 

リア車高

リアの車高です。

そこまで低くはないですね。

 

フロント車高

フロントは若干ダウンしています。

乗り味がどうかですが試乗です。

四輪アライメントの狂いがありますので安定感はさほど無いですが沈み込みや伸び方は街乗りまでは楽しく行けそうです。

減衰力を調整すれば軽いワインディングまではしっかり対応してくれそうです。

純正相当のタイヤでも十分答えてくれそうな足回りですね。

四輪アライメントです。

ND5RC 四輪アライメント

四輪アライメントは気持ちよく走れる足回りなので気持ちよく走れる数値で調整したいと思います。

純正のタイヤでのグリップもありますのでハイグリップでの走行の数値では問題がでますね。

現状にあった数値ですが十分楽しめる数値に設定できたと思います。

試乗です。

直進性は調整前に比べると面白いくらい違います。

コーナーリングは速度域にも違いがありますので難しいですがこの車高だとコーナーでのトーの入りはロードスターの思惑になりますので曲がりやすさはかなり街乗りレベルでは高くなっていると思います。

ロードスターって楽しいクルマだと思います。

 

ロードスター

 

 

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 足回り交換16000円(税別) 四輪アライメント 10,000円(税別)