現在TRDのブレスバーが付いていますがブレスバーがノーマルより低い位置になり車高があまり下げられないため今回はTRDのブレスバーを外してクスコのブレスバーに交換していきます。

まずは外して交換ですが中々手間がかかります。
TRDはボルトもすべてTRD用に交換になりますのでまずは純正ボルトに戻していきます。

もどしてからブレスバーを装着していきます。

クスコさんのブレスバーはさほど手間はかからず取り付けができました。
締め付けはすべて1G状態でおこなうため結構狭い部分もありますが問題無くトルクレントは入りました。

これで車高が低くできます。
最低地上高10.5で調整をしていきます。

車高が決まって1G締めをすればこれでサスペンションも完了です。

前回つけた玄武のバンプラバーも10mm抜いています。

 

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整はタイヤの状況も見て合わせていきます。

純正より動きがでているのではないかくらいの柔らかさで乗って見えますので数値も走りを求めるセッティングですとタイヤの摩耗につながってしまいます。

なので今回もですが出来るだけタイヤの負担の軽減ができるセッティングで行いました。

リアアッパーアームは全開エディファクトリーさんのものに交換をしています。
左右差もなく純正基準値より若干外れる程度でした。

 

試乗です。

リア側のブレスバーの効きは結構感じますね。
動きが結構ありますのでブレースバーの効きの方が良く感じます。
TRDとはまた違った感じなので違いがわかると楽しいですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。