TRDのサスペンション装着車ですがフロントのバンプラバーがちぎれてしまっているそうです。

まずは交換して1G締めをおこない四輪アライメント調整です。

フロントダストブーツ交換

フロントのダストブーツを交換するにはストラットの脱着が必要になります。

脱着して交換をしていきます。

TRDの場合たぶん完全バンプタッチになりますのでこういったバンプラバーが砕けてしまうんです。
新しいうちは減衰力が効いているので気になりませんがショックの抑えが悪くなってくるとバンプタッチがかなり気になるようになってきます。
今回はバンプラバーのみ交換をするのでどうでしょうね。

長さも砕けたバンプと比べると倍くらいの長さがあります。

ショックを組付ける際は合わせがありますので間違えずに組み込んできます。

1G締め MR-S

交換完了で前後の1G締めです。

リアはタイヤがついている状態でも可能なのでそのままおこないます。
フロントはロアアームがやりにくいので外しておこないます。

1G締め完了で四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

MR-S 四輪アライメント

さて数値ですがさほどの狂いはない感じです。

左流れが気になるそうですが試乗時ハンドルの戻りがなんだか気になりました。
数値には特別問題はなさそうです。

運転席のタイロッドがかなり重たいので微調整は厳しいです。
走行距離が多いのでステアリングギアボックスなどのブッシュやタイロッドエンドあたりが少し怪しいかもしれません。

前後のトーとキャンバーを左右差をなくして調整して数値はきれいになりました。

 

試乗です。

やはりハンドルの違和感とまでは言いませんがコーナーからの立ち上がりの動きが少し気になります。
ショックの抑えとかではなくステアリング関係のような感じです。
気になる場合はそろそろステアリング系も交換していくとよいのかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 フロントサスペンション交換8000円(税別)リア1G締め+3000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)