お車はノーマルですが最近5万キロを超えたあたりから段差や荒れた道を走るとバタ付きが気になるそうです。

1G締めと四輪アライメント調整のご依頼をいただきました。

バタつきにも色々あり根本のハード面が悪い場合は改善は期待できませんが動きによるバタつきであれば1G締めや四輪アライメント調整が有効の場合もあります。

今回はまずは締め直しをおこない数値を見ていきます。

 

1G締め作業

1G締め ゴルフ

ブッシュを緩めながら動きも見ていきます。
左右でばらつきがあるブッシュの動きをします。
同時にメンバーも締め直しをします。
この部分はかなり動いた感じがあります。

 

フロントもアンダーカバーを外してロアアームの1G締めとメンバーですがメンバーは後でキャンバーの調整をするのでその時緩めます。

締め直しを完了させて四輪アライメント測定です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

測定値はかなり悪いです。
国産車ではここまでの数値はでません。今回はトーとキャンバーのアジャスター部分も測定までは緩めていませんので数値の変化はブッシュでの変化になりますね。
まずはしっかり修正をします。
調整箇所は前後のトーとリアのキャンバー、フロントのキャスターとキャンバーはメンバーをずらしての調整になりますので左右差を合わせていく形になります。
調整後の数値は基準値の一番真ん中に調整後はすべてなりましたのでそこまで過度の劣化がでている感じではありません。

調整完了後の試乗です。

調整前も乗りましたが動きに対するふらつきはかなり収まったと思います。
もともと試乗時にサスペンションのへたりはさほど感じはしませんでしたので調整でかなりイメージは変わったのではないでしょうか。

ですが今後距離が増えればショックとスプリングは必ず寿命がきますので動きが大きくなりすぎるとブッシュにも負担をかけることになりますのでタイミングは早め早めの方がなにごともよいと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め10000円(税別) 四輪アライメント調整15000円(税別)