ロードスターの四輪アライメントと1G締めの作業です。

使用用途はサーキットでの仕様なので今回は純正数値よりかなりの変更をかけます。

1G締め

1G締め

純正ビルシュタイン車で車高の高さは変更済みです。
ディーラーさんで納車時におこなったそうすが変わったマーキングのラインがかいてあります。なんの意味で書いたんでしょう・・・

さて1G状態を作ってまずはブッシュがどのようにしまっていたか確認します。

1G状態で締めてあれば変化はほぼありませんがフロントのアッパーアームはものすごい勢いでブッシュが動きました。
1Gどころか伸び切った状態でしめてありますね。

1箇所点検でおおよそはわかりますのでまずはすべて緩めて1G状態にします。
そして締め直しをおこないます。リアは必要箇所以外は緩めた形跡すらありません。

メンバーブレースなどもついていますがこちらの締付けも1Gで行っていなそうです。取付店に確認してみるといいですね。

ブッシュの締め直しが完了して四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

今回はタイヤの減り方なども確認をさせて頂いておりますのでまずは今までの数値とはかなりの変化をつけて調整をおこないます。
そこまで車高が低いわけではありませんのでフロントの調整幅は少し自由度が少ないですがキャンバーは狙いの数値にキャスターの数値を少し甘くしてでもキャンバーをとりました。

さてこれでタイヤがどう減ってくるかと走りがどう変わったかの変化で今後の数値を出しやすい感じの仕上がりにしてあります。

サーキットの数値なので直進性等はある程度削っていますので街乗りでは少し楽さはなくなります。

今後の走行が楽しみですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 1G締め6000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)