WRXにHKSさんの車高調の取り付けと四輪アライメント調整です。

車高調はSPのモデルです。

そのほかリアのスタビリンクもクスコさんのものに交換していきます。

 

車高調取り付け作業

 

まずは事前準備です。
スタビリンクを交換するときはまず1G状態の位置を見てノーマルととりあえず同じ位置にスタビリンクがなる用にセッティングをしていきます。
ノーマル位置がいいのかなどは動きもありますがまずは基本位置となりますね。

光軸ロッドも交換をしますのでこれも同じく位置を把握します。

さて取り付けをしていきます。

車高のダウン量はフロント30mmリア25mmでのご依頼です。
WRXはもともとHKSさんのセッティングは15mm程度のダウンなので+αでの調整となります。

さて取り付けです。

前後車高調の取り付けはかなり慣れていますので測定や箱から商品を出しているのと同じくらいで取り付けだけはできます。

まずは前後つけてブッシュをすべて緩めて車高を調整します。

 

車高の高さ

 

車高を調整して1G締めです。

 

1G締め作業

さて締め直しをしていきます。

ピロボール部分を除く部分は締め直しをしていきます。
アッパーアームはWRXは以外にやりやすいので苦労はさほどありません。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

 

四輪アライメント調整

さて調整です。
今回取り付けしたホイールが少しきつめなのでフロントはキャンバーをつけて調整をしていきます。
フロントのキャンバーは-2度30分ほどに調整をして何とか入る感じです。
SPの車高調なのでこのキャンバーでも問題は無いのですが街乗りメインとタイヤはスポーツよりのタイヤです。
タイヤが少し負けてしまいそうな感じもしますが出面優先なのでしかたないですね。

 

トーの修正をして作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

走りはやはりかなりいいですね。
タイヤがもう少し硬いとなお良さそうな感じはあります。
キャンバーがありますので少し動きはハンドルに伝わる感じがある動きをしますね。

街乗りでも気持ちよい感じがしました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。