RX-8に車高調の取り付けです。

現在はアペックスのN1ダンパーがついていて今回はHKSのSPに交換です。

アペックスもリアは純正のアッパーマウント仕様ですがその下のゴムがありません。
今回はサイレントラバーを巻いて対応をしていきます。

 

車高調取り付け作業

さてまずはフロントからです。
さて外していきますがもう緩めるのが大変なトルクでしまっています。
ブッシュのひねっている位置を見ると完全にリフトアップ時での締め付けですね。
ロアアームなどはピロボールに交換してあるので問題は無いですがアッパーマウントは少しブッシュにへたりがでているかもしれませんね。

さてリアです。

リアはHKSさんの車高調は延長ダイアルがついています。
特別加工はいりませんが細ーいところを通していきますのでこの作業に手間がかかりますが無事完了です。

 

まずは車高調整です。

車高の高さ

 

車高はおおよそ指1本ほどの車高にしたいそうです。
フロントはHKSさんより5mmダウンでOKでした。リアはゴムが無い分車高の変化がでます。
この変化分ショックの長さも調整をしていかないといけません。
説明書に調整方法が書いてありますがそとを5mm上げまではショックはそのままでも良さそうですが厚み分1cm余分に上げないといけません。なのでケース長も変更をしていきます。
となるとばらさないとできない特殊形状なためもうひと手間かかります。

さて高さがきまれば1G締めです。

 

1G締め作業

最後に1Gで締めていきます。
ネジが緩いところ固いところがかなりあったのでこの先ボルトナットが緩んでこないかがかなり心配な車両ではありますがトルクはすべてかかりました。

 

試乗後四輪アライメント調整といきたいところですがリアのキャンバーをかなり変更していておおよそになっていますのでまずは調整してからです。

 

四輪アライメント調整

さて今回は完全サーキットベースで数値を作っていきます。
前回の数値はおおよそは聞いていますが珍しい仕様なので今回はオーソドックスにいきます。
基本数値がでて走ってタイヤの状況などの判断で次回のセッティングを決めていく方が良いかなと思います。

 

 

さて試乗です。

HKSさんの車高調と現在はタイヤがサーキットタイヤなので動き的マッチングはよさそうです。
サーキットで考えるなら柔らかい感じがするくらいだと思います。
265サイズのタイヤが前後なのでフロントは結構ハンドルが取られますが仕方ないですね。
サーキットではそこまで道路が悪くないのでサーキットなら問題ないと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け20100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)