ブリッツの中古の車高調にリアの直巻きのスプリングがKオフィスに変更されていました。

RX-8 ブリッツ

車高調の長さの指定をいただきましたので指定通りに取り付けをおこないます。

まずは中古でかなり古そうでスプリングもシートにはまっていません。
この仕様で走ったことがないのでしょうか。ばらしてスプリングシートのプラスチックを外してスプリングを入れます。そうすることで遊びもとる頃ができました。

セッティング完了で取り付けです。

車高調取り付け作業

RX-8フロント車高調

さて車高調の取り付けです。
いつも通りブッシュを緩めて作業を行っていきますがナットは緩みましたがブッシュが稼働しません。
ナットを外して中を見てみるとスリーブとボルトが固着してしまっています。

とりあえずは潤滑剤を吹きかけておいて浸透して緩めばよいのですが・・・

ブッシュが効いているので交換もいつもとは少し違いやりにくさがあります。
1Gを行わないお店はこうやってやってるんだなって思いました。
苦労してちゃんとできないなんて一番ダメなパターンですね。

リア車高調

リアです。
リアは固着があったらサスペンション交換もできない可能性があります。
リアは固着はなく緩めることができました。
ブレーキのバックプレートは錆びで穴が開いてしまいそうです。

 

外したダウンサスとショックもスプリングはおれそうです。

 

さてまずは車高を見てみます。
やはりお客様の数値通りだとかなりの前下がりになります。
リアのスプリングのレートが標準の倍近いのでそうなりますね。
フロントの車高を上げてセッティングをし直し1G締めです。

1G締め作業

RX-8 1G締め

フロントのロアアーム以外はブッシュの確認をして問題はなかったのでしっかりできますがフロントのロアアームはキャンバー調整とキャスター調整はブッシュを歪ませることになります。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

ローダウン車高

 

ご希望は現状の車高より2-3cmほど低くしたいそうなので予定外でしたね。

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

フロントのキャンバーとリアのキャンバーはめいいっぱいつけてほしいとのことです。
フロントはブッシュを歪ませてめいいっぱいつけました。
前3度、後ろ3度30分ほどのキャンバーになりました。
トーの修正とキャスターも何とかブッシュをひねりながら左右差をだしました。
きれいな数値になりました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

リアのみバネレート変更がされていますが乗り心地はさほどリアの固さは感じません。
むしろこの感じの方が街乗りのマッチングでよい感じに感じました。
減衰力は中間ですが現状ダイアルが破損していて正確な段数ではありませんがおおよそ中間のセッティングです。
ホイールも交換されるそうで現状はコンフォートのタイヤでそう感じる可能性がありますのでタイヤ交換してからの固さで減衰力は合されるのがよいですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け作業 18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)