UXにブリッツの車高調の取り付けです。

ブリッツの減衰力コントローラーも取り付けをおこなっていきます。

車高調取り付け作業

さて車高調の取り付け作業です。

UXはCHRなどと同じです。

フロントはストラットモデルになります。

DSCもありますのでモーターも取り付けをしていきます。
組み込みをしてから取り付けをおこなっていきます。

フロントアッパーマウントのトップ部分が見えませんので隙間よりDSCの配線をだしていきます。
問題なく取り付け完了です。

リアはブッシュを緩めてショックとスプリングを交換していきます。
ブリッツの説明書とは取り付け方は違いますが1G締めをおこないますのでこの方が早いとの判断でおこなっています。

 

車高高さ

車高は4-5cmほどダウンでセッティングをおこなっていきます。

ホイールの出幅が結構きついのであまり下げるとフェンダーにヒットしそうです。

車高が決まれば1G締めです。

 

1G締め作業

さて締め直しをこないます。
この作業を完了させて1G締めは完了です。
最近フロントロアアームのボルトサイズが24mmになっているので新しい工具を導入したい感じもあります。
結構鋭角な工具が必要になってきます。

 

DSC取り付け

モーターの配線は前後室内にひきこみをして配線をしていきます。

引き込みもブリッツは配線が太いので大変なんです。
引き込みをおこなってあとはメーター本体を設置して電源確保です。
さてこの車両は車速信号線を探しましたがオーディオメーカー様も確認が取れていないとの事です。
車速信号線取り出し不可の車両が最近増えてきています。
ODB2の配線からも取れる車種もありますがこの車両はデータがないそうです。

今回は自動制御はなしでGPSの配線をご購入していただくようにお願いをいたしました。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

前後のホイールのオフセットがかなり厳しいのでフロントのキャンバーの数値は基準値外で調整をしていきます。

調整は前後のトーとフロントのキャンバーです。
UXは思っていたほりもリアのキャンバーが付きませんでしたのでタイヤの入りもギリギリといった感じです。
フルバンプは少し厳しいかもしれません。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

減衰力16段で乗り心地はノーマルほどな感じです。
リアに関してはストロークは乗車定員も考えていますので少しゆとりはあります。
直進性などは良い感じだと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け33000円(税込) DSC取り付け26400円(税込) 四輪アライメント調整11000円(税込)