カローラスポーツにラルグス車高調の取り付けです。

ラルグス車高調は車高の高さなどの初期設定がない車両が多いのでおおよその検討がつきません。
今回は低めにセッティングのご依頼なので仮付けをして考えます。

この車高調ブラケットが何か他の車種と共用していますね。使わないブレーキの留め金があります。

 

車高調取り付け

まずは純正を外して組付けていくわけですが純正と車高調の長さが全く違います。
かなり短いです。
フルタップなのでのばせるのは分かりますがまずはフロントだけ組んである程度の高さの予想を立てます。
そのまま組付けてタイヤがかぶるくらい低いです。
ご希望はもう少し高めのため調整範囲を踏まえてリアの作業です。

リアはおおよそフロントからの割り出しで高さがだせます。
アップ用のスペーサーがついていますがご希望ではまずは使わずです。

 

ブッシュをすべて緩めて仮付けで車高の高さを見てきます

 

車高の高さ

ラルグスの初期セッティングより上げないと当然ですが乗れないため上げていきます。
それでも低めのご希望のため調整は低め

リアは現在の状態でアップスペーサーなしで4mm残し程度なのでどれだけ上がらない車高調かがわかります。

そしてショートストロークのため車輪が浮くと亀になってしまうのでリアはできるだけストロークを取りますがスプリングが遊んでしまいますのでそれもなかなかです。
リフトアップでフロントは指2本程度リアは2-3本程度です。街乗りではストローク少なすぎです。
コンビニの入り口などで傾いた時がきつそうです。

さて車高がきまれば1G締めです。

1G締め作業

まずはしっかり取り付けして最大限にはいかせれるようにしていきます。

 

四輪アライメント調整

さて最後に四輪アライメント調整です。

 

現在リアのキャンバーは車高が低いため結構なキャンバーが付いています。
トーの数値は変更していきます。

フロントはピロアッパー調整式ですがこの車両はアッパー側には鉄板がかぶっていて取り付けした状態では調整ができません。
ロアブラケット長穴なのでこちらで調整をしていきます。
調整は0~-2度30分ほどまで可能なので余裕はあります。
現在がノーマルホイールなのでフェンダー干渉がない程度にキャンバーをつけます。
過度につけてもいいですが経済的ではないので今回はある程度タイヤ重視です。

さて調整が終わり試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

さすがにショートストロークといった動きです。
タイヤの柔らかさが完全に負けてしまっています。
扁平タイヤの方が合いそうですが固さは必ず出てくると思います。
現在はフェンダー干渉が出ないようにフロントはリアに比べ若干減衰アップのセッティングです。
違和感はさほどありませんが乗り心地に関しては満足にはならない可能性はありますがご本人様に合うかどうかが一番です。

車高の低さには慣れてくださいね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け20100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)