クラウンロイヤルにRS-Rのダウンサスの取り付けです。

RS-Rのクラウン用は種類が多すぎてどのスプリングがダウンするのかわかりません。

まずは取り付けです。

 

ダウンサス取り付け作業

さてまずはフロントからです。

今回はAFS機能はなしの車両なのでアッパー部分のモーターの取り外しはありません。
このタイプのショックはオイル漏れはなさそうですね。

さてフロントは荒巻で巻き数の少ないスプリングです。
巻き方もいろいろですね。
フロントはクイックになりそうですね。

 

リアです。

リアはかなりの巻き数のスプリングです。
RS-Rは前後で違う形状も結構ありますので乗り味を考えているのかそれともフロントもしくはリア共通でどちらかだけ作って車種を合わせているのかわかりませんがお車はロイヤルなので車的には会っている形状だと思いました。

 

さて部品を交換して1G締めです。

 

1G締め作業

この時点で車高はおおよそわかってきます。
これは低いタイプだなってすぐにわかりました。
全箇所ブッシュ部分を締め直して車高を見てみます。

車高の高さ

やはり結構な低さです。
高さ的には車高調でローダウンして結構低いですねって言う高さです。
なぜにダウンサスでここまで低く作ったのかわかりませんがストロークも乏しくなってくるためメーカースプリングの乗り心地にも影響がでてきますね。

四輪アライメント調整

さて数値を見てみるとやはりフロントのキャンバー量は-2度ほどになっています。
この数値はクラウンはフロントが重たいため車重でも必ず内減りの傾向になってしまいます。
トーの数値の変化だけではキャンバーの内減りは抑えることが難しいのでタイヤは必ず内側の確認をしてください。

リアに関しましてはローダウン車でしたら走りやすい数値くらいノキャンバー量のため良いと思います。

トーの数値を変更して調整して作業完了です。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

乗り味は良いです。
この量のローダウンでもバンプも必要量カットしていますので動きもあります。
なのでそこまで違和感なく乗れてしまいますしフロントのスプリングが荒巻なので反応が早い感じになっています。
ですがロイヤルなので車両の使い方としては少しアスリートよりに感じますね。

タイヤは減りが早いと思いますのでご注意ください。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)