Z34に中古のアラゴスタ車高調の取り付けと四輪アライメント調整です。

 

Z34

プリロード部分などが緩められていますのでまずは締め付けから開始ですね。
ブラケットの固着はないのでよかったです。

 

車高調取り付け作業

さて走行距離が15万キロです。
やはりどのボルトナットも緩めるのにかなり大変です。
インパクトでは緩まない部分はかなり長いパイプを使ってスピンナーハンドルで緩めていきます。
体力限界って感じの締め付けですが何とか外して交換です。

車高の高さは現状より1cmダウンです。ノーマルよりですが車高が下がっている感じはありますね。

 

リアもやはりかなり緩めるのが厳しいです。
それでもブッシュ部分は全箇所緩んで固着もありませんでした。

ブッシュを緩めた状態で車高をまず合わせていきます。

車高の高さ

ブッシュが効いているとブッシュが変形すれば車高が変わってしまいます。
なので先に緩めて車高を決めてから締めていきます。

車高の高さがでましたので1G締めです。

 

1G締め作業

Z34 1G締め

さてストロークですがかなりこの車高調は多めになります。
ストロークを減らして縮側をバンプである程度制御させたいですがこの車高調はそういうタイプではなさそうです。

ですがゆすってみるとかなり柔らかい車高調です。
バネレートも減衰力も基本より下がっているものらしいです。

締め付け完了で四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

Z34 四輪アライメント

車高はそこまで下がっていませんがそれでもリアのキャンバーはギリギリ入らない感じです。
リアの数値の左右差があり何か問題があったのかと言う感じがあります。
クオーター部分は修理されていますので足回りもヒットしていたかもしれませんね。

数値は左右差はなくなり良い数値には収まりました。

 

試乗です。

リアのショック部分より異音がします。
通常はさほど言いませんが伸びたときに音がでます。

アッパー部分のブッシュに問題があるかもしれませんね。
ストロークを変えてみても変化がありませんでした。
通常の段差でもでませんが大きい段差で強い動きの時に出ます。
バネの密着部分かもしれませんが何ともいえません。経過観測が必要ですね。

直進性や安定感はかなり柔らかいですが悪くないと思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)