レクサスのISにRS-Rのハーフダウンサスの取り付けです。

RS-Rハーフダウンサス

車高がそこまで下がらないモデルですね。
ストロークはある程度確保できますので乗り心地も確保できそうです。

 

ダウンサス取り付け作業

フロントダウンサス取り付けIS300

まずはフロントです。

フロントはクラウンなどとほとんど変わりませんので外し方も同じです。
さてダウン量は少ないですが今回は5mm程度はバンプ加工はしました。
スプリングのながさは純正に比べるとかなり短いスプリングになりますね。

リアダウンサス取り付け

 

リアはまずはアームを1本外してからおこなっていきます。
無理に外すこともできますがアームに傷が入りますので事前に外します。
ISはスプリングがかなり長いためリアは結構苦労する車両ですがこれは慣れですね。
最初は時間がかかった車両ですが最近はISやGSは慣れましたのでスムーズに作業ができています。
スプリングの向きは純正と同じ位置に合わせて取り付けをしてきます。
アッパーアームの1Gは事前に行っておく方が楽な車両なので事前に行っておきます。
ダウン量がわかればセッティングできます。

1G締め作業

IS300ダウンサス取り付け

最後に1G締め作業です。
この車両は全箇所ブッシュになりますので数は多いです。
やりにくい箇所もありますができない車両ではないですね。

 

車高の高さ

IS300
IS300ノーマル車高
IS300ローダウン
IS300 RS-Rハーフダウンサス取り付け

 

メーカーダウン量は1.5cmほど見たいですが結構下がりました。
2.5cmくらいはダウンしていると思います。

 

 

四輪アライメント調整

IS300四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

車高が下がっていますのでキャンバーはダブルウイッシュボーンやマルチリンクはナチュラルにキャンバーがついてしまいます。
キャンバーに対する内減りはでますがトーの対する変摩耗には調整が効きますので少しでもタイヤのことを考えてのセッティングで調整をしていきます。

左右差はありません。トーの調整も完了して数値も現状では良い状態になりました。

ハーフダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

スプリングの感じはよい感じですね。
マイルドで走りやすい感じです。Ti2000はセッティングがでれば乗り味もよい感じです。
直進性を少しなくしてでもタイヤを考えての調整をしましたがふらつき感も感じませんので良いと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)