ヤリスにタナベさんのNF210の取り付けです。

ヤリスNF210

ヤリスはフロントストラットでリアはトーションビームになります。

さて交換です。

 

ダウンサス取り付け作業

ヤリスサスペンション交換

まずはフロントです。

アッパーマウントなどの形状は今までとは少し違いますね。
何かと同じって言う感じではなさそうです。

スプリングシートは向きがありますので注意して取り付けをしていきます。

ストラットボルトも調整幅は少しありそうです。

通所のストラットで1Gのためのロアアームもアンダーカバーの脱着も必要なくできますので作業はスムーズに行えそうです。

 

ヤリスリアサスペンション交換

リアもトーションビームです。

スプリングはながめのセッティングの車両なので乗り心地が大体判断できます。
タナベさんのスプリングの方が若干短いですね。

交換してトーションビームブッシュとショック部分を1G締めします。

 

取り付け作業完了です。

 

車高の高さ

ヤリス
ノーマルヤリス
ヤリスローダウン
タナベNF210ヤリス

 

車高は前後2cmピッタリのダウン量です。
元々前後差5mmだったのでそのまま下がった感じです。

バンプカット指定もありませんでしたのでストロークは問題なさそうです。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

ヤリス四輪アライメント

キャンバーの調整幅は50分ほどありますので大体の調整は可能です。
ローダウン時のロアアームと沈み込みでのトーの変化を見ていきますが思ったよりヤリスは少ない変化量な感じがします。
今回はローダウンでの数値に変更していきます。
基準値内での変化なのでそこまでの変化はありませんがストローク量の変化分との関係が良くなるとは思います。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

取り付け時は基準値ぐらいのキャンバー量でしたが調整後の数値でやはり安定感はよい感じになったと思います。
ヤリスもかなりの人気車種なので今後は増えてきそうな予感がします。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)