シビックにラルグス車高調取り付けの取り付けです。

 

車高の高さはフェンダーとタイヤの隙間が指1本ほどにセッティングしていきます。

車高調取り付け作業

ラルグスもですが純正のアッパーマウントを使う仕様となっています。
こうなるとスリングは直巻きではなくなってきますね。
フロントはヨーロッパ車に多いストラット形状でナックル差し込みタイプです。
慣れればさほど気になる車両ではありません。

気になるのはラルグスの作りの方が少し気になります。
スプリングの形状がすごい形になっていますね。

 

リアです。
リアも同じくブッシュを緩めて外していきます。
リアはマルチリンクになりショックとスプリング別体式になります。
まずは仮組で車高の高さを見ていきます。

そのままの組付けで大体指1本ほどになりますので微調整で詰めていき車高の完成です。

続いて1G締めとストロークです。

1G締めとストローク

さてまずはストロークを見ます。
フロントはまあよい感じくらいです。

問題はリアのショックのストロークです。
バンプラバーまでの距離がかなりあります。
ですがショックを伸ばしてストローク調整するとスプリングが遊んでしまいます。
これは設計的問題ですね。

ホイールぐらいまでは楽にストロークしますね。
現状でできる範囲までの調整はしました。

フロントの大型アンダーカバーを戻して1G締め完了です。

四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

リアのキャンバーは少し多めなので街乗りでは内減り方向にはなると思いますのでいつものようにトーの数値を変更していきます。

フロントのキャンバーはネガに調整して左右差を合わせて街乗りではよいくらいの数値です。

トーを修正して作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

フロントは少し揺れがでますがリアはストロークに余裕がかなりあるので街乗りでは楽に運転ができそうです。
リアのストロークが多いのでワインディングでは少しリアが気になるような気がします。
減衰力であとはこのみに合わせるとよりよくなるのではないでしょうか。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)