以前前期のアルファードに装着されていたそうです。

今回後期のアルファードに取り付けです。

アルファード パーフェクトダンパー

車高の高さはフェンダーの隙間をなくしたいそうですがこのダンパーはそこまでのダウン量はありませんのでできるところまでになります。

取り外し時にプリロードの位置も緩めてあるので初期設定が全くわかりません。
汚れ度合いを見てストロークを見ながら位置を決めて仮組です。
純正アッパーは現車のものを使用して取り付けをしていきます。

 

車高調取り付け作業

まずはフロントからです。
かなり熱いのでエンジンルームも火傷しそうな感じですが頑張って外していきます。
アッパーマウントとベアリングダストカバーを外して移植して取り付けしていきます。
スプリングは直巻きではないため余計にプリロードが面倒です。ストロークもダストカバーが硬くてみにくいんです。

それでもある程度でました.

 

 

リアスプリング

リアです。
リアは全下げでおおよそ指1本ほどになりますので全下げで取り付けしていきます。
バンプラバーは加工して取り付けをしていきます。
5Gのバージョンではないので取り付け方はスプリングシートが上側になります。

取り付けして1G締めをおこないます。

1G締め作業

1G締め

ショックのストロークですが一番短い状態でストローク確保できます。
バンプラバーの方が先につくセッティングにぎりぎりのなっている感じですね。

締め直しをして作業完了です。

 

車高の高さ

アルファード

車高は見た目低めをご希望なのでフロアはフロント5mm下げくらいにしてあります。
少しでも低めに見えるようにですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

試乗時全開でハンドルを切るとバネが引っかかる異音がしましたのでスプリングを45度回してもう一度確認すると異音解消されました。車高調はこの音が多いですね。

四輪アライメント調整

アルファード 四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーです。
フロントのキャンバーは左右差を合わせて調整します。
リアはローダウンで3度ほどになりましたので荷重がのる内側は減りが早い可能性があります。
トーの数値を変化させて少しでも調整していきます。

調整完了で試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

走りはノーマルとさほど変わらない感じの仕上がりですが少し減衰を標準より上げてセッティングしています。
現状でよさそうな感じですがホイールなどインチアップなどした際は変更するとよりよくなると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)