ロードスターのNCECに純正ビルシュタインのサスペンションキットの取り付けです。

ビルシュタイン

新車外しだそうです。

アッパー部分のブッシュは交換しての取り付けですが外したブッシュもきれいな感じでした。

 

サスペンション交換作業

まずは現状の純正と交換です。

現状のものは走行距離が8万キロほどでダストカバーなどにやぶれがありますがオイル漏れはない感じです。
長さ的にさほど変わりはありませんがまずはブッシュを緩めて作業をしていきます。

フロントも組付け済みにしておけば交換もすんなりです。

 

リアサスペンションロードスター

リアも同じくブッシュをすべて緩めて作業をします。

交換に苦労する部分は錆び等もほとんどありませんのでかなりスムーズに進みました。

取り付けができたら1G締めをおこないます。

 

1G締め作業

ロードスター1G締め作業

締め直しをおこないます。
NCECはロードスターの中ではボールジョイントが多いので少ない方ですがそれでも結構な数があります。
ビルシュタインに交換すると車高の変化もありますのでしっかり適正にですね。

締め直し完了で足回り交換完了です。

 

車高の高さ

ロードスタービルシュタイン

高さはフロントが1cmダウンでリアが2cmアップになりました。
前下がりスタイルですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ロードスター四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

ロードスターは車高の高さで数値が決まってきます。
あとはビルシュタインのショックになりますので味付けをしていきます。

調整箇所は前後のトーとキャンバーとフロントのキャスターの調整になります。
純正数値を基準としてキャンバー角とトー角を変更して調整をおこなっていきます。
街乗りメインなので数値も基本は守って調整をしていきました。

 

完成です。

 

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

結構初期の揺れが強いので直進では揺れはでますね。タイヤが少し硬めっていうのもありそうです。
コーナーはやはり気持ちがよい感じですね。
初期ピッチが気になる場合は異形レートなどのスプリングを選ばれると解決する場合が多いですよ。

NCECってND5RCとは乗り心地が全然違う感じがしました。
ノーマル車は乗る機会も少ないので良い経験になりました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)