コルトにRS-RダウンサスとKYBのローファースポーツの取り付けです。

KYB

組み合わせが特殊なのでバンプまでの距離を考えて取り付けしないといけないです。

 

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

さてまずは脱着です。
コルトはワイパー回りの脱着が必要になりますのでまずは外してアッパーマウントの取り付けネジをゆるめていきます。
アッパーマウントの錆びが結構すごいです。
ナットは無事外れましたが再使用なので今後がきになります。

さてバンプまでのストローク量ですがRS-Rのダウン量も見ながらのセッティングになります。
そのままつけるとバンプラバーはタッチぎりぎりです。
ローファースポーツのショックもショートには5mm程度しかなっていませんでした。
今回は少しカットして若干のストロークをだしていきます。
リアも事前にショックだけ外してストロークは確認していますがリアは5cmほど短いショックになっていました。
バランスを考えてのカットなのでちょうどよいと思います。

リアサスペンションコルト

リアです。

リアはバンプラバーは長いですがカットは無しでいきます。
ダウン量と考えれば十分すぎる短さだと思います。

この車両は1G箇所はトーションビームブッシュは特殊なのでできません。
フロントのロアアームとリアのショックですね。
しかしどの部分もさびが多く外すのに苦労します。
走行距離も20万キロなのでできればショックにかかわる部分だけでも新品交換した方がよかったですね。

車高の高さ

コルトノーマル車高
コルトローダウン車高

結構下がりましたね。RS-Rの推奨より下がっていると思います。
純正ショックだと確実にバンプタッチですね。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

コルト 四輪アライメント

四輪アライメント調整はフロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。
コルトはローダウンするとキャンバーがついていく車両ですがトーの変化はおもったより沈み込みでも少ないんですね。スポーツカーよりの感じですね。安定感よりコーナーリング感ですかね。
キャンバーの動かせる量は少ないので左右差を合わせる程度のセッティングです。
トーの修正をして数値もきれいになりました。

 

サスペンション交換作業と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

適度なストロークなので段差でのバンプタッチも気になりません。
走りやすいと思います。
タイロッドエンドとタイロッドを固定するナットが固着でかなり重く微調整が難しいですがおおよそハンドルセンターもよい感じです。
20キロ走ったサスペンションとはかなりの違いがありますので帰りは運転楽しくなると思います。

 

それではこの度は長野県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)