エリシオンにたぶんレーシングギアのダウンサスだと思いますが取り付けです。

さてホイールを外してみると錆びがかなりすごいですがネジは外れるのでしょうか?

ダウンサス エリシオン

サスペンション交換

フロントエリシオン

エリシオンはフロントはダブルウイッシュボーンです。
外すところは決まっていますがだいたい固着箇所は同じです。
フロントは左側のショックとロアアームを固定するブラケットのネジが固着です。
この部分は少し炙って何とか緩みました。
外したネジはブラッシングして銅グリスをつけて再使用します。
こういったネジの再使用は気になります。

ダウンサスをショックに組み込み自体は問題なくできました。
バンプカットして取り付けします。

リアです。

リアはショックとロアアーム部分のボルトが取れません。
仕方ないので上側だけを外して交換します。
エリシオンはショックのスリーブがカシメで外れないのでバンプラバーはカットできません。
加工すればできますがショックとロアアームが外れないので不可ですね。
リアショックをNEWSRなどに変えるとダストカバーが分解できますので交換してバンプカットして取り付けすれば乗り心地は確保できます。
今回のエリシオンの場合はロアアームを中古で買ってかえるしかないですが今回は部品もありませんし現状です。
何とか交換できかした。リアのそのほかのボルトナットもさびが結構ひどいです。

1G箇所は全箇所緩め動くことを確認しました。

1G締めは前後別々で今回はおこなっています。

 

 

車高の高さ

車高は結構下がりましたね。
ストロークは気になりますね。

 

四輪アライメント調整

エリシオン四輪アライメント

調整可能箇所は前後のトーになります。

フロントのキャンバーに若干の左右差があります。
左右差の許容範囲内ではありますがこのキャンバーの違いはどうしてってことですが1つは新車時のずれですね。
このくらいの数値ですと十分あり得ます。純正時は基準値だが車高が下げることにより片方が外れたという場合と運転席側と助手席側の数値の違いを見ると運転席側の方にへたりが出ている場合に多い数値です。
へたりはブッシュのへたり車両のへたりなどです。
新車時の測定数値がない場合はわかりませんね。
今回は調整可能箇所は前後のトーなのでその部分はしっかり調整しました。
数値で今後のことなどもある程度見えては来るんですよ。
調整できないだったらと言う方も見えますが車両を知る上では数値は大事なことですね。

調整完了で試乗です。

 

キャンバーの左右差の影響はほとんど感じませんね。
リアはバンプタッチ感がありますので後部座席に人が乗ると少しきついかもしれません。
直進性に影響は若干で済んでいる感じがしますのであまり人を乗せないのであれば問題はないと思います。
乗り心地の向上を望むのであればショック交換はおすすめです。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)