アルトワークスの車高調取り付けです。

アルトワークス ラルグス

車高の高さはフェンダーとタイヤのクリアランス指1本ほどにセッティングしていきますが最低地上高の確保もありますので1本までは下げられないかもしれませんね。

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントはアッパーマウント流用です。

さて取り付けなんですがダウンサスをお店で装着してもらったそうですがABSのクリップが引きちぎられています。アルトワークスはABSのセンサー部分を外してストラットボルトを抜けば内側より外せるのに無理やり引っ張ったんでしょうね。タイラップ止めに変えておきます。
さて組付けです。もともとラルグスの車高調の初期セッティングはプリロードが1cmほどかかるセッティングになっていました。
とりあえずブッシュを緩めて仮組です。

HA36 リア車高調

リアはトーションビームです。
スプリングはかなり短いものになりますので動きもダウンサスとはかなり変わってくる感じがしますね。

取り付けして車高を見ます。おおよそのセッティングで最低地上高9cmぎりぎり確保です。
ラルグスはスプリングのへたりが早いので少し車高は上げてセッティングをしました。

内張り加工 アルト

減衰力延長ダイアル取り付けのため内張りの加工のご依頼もいただきましたので加工していきます。

 

 

車高が決まれば1G締めです。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

ノーマルアルトワークス
ローダウンアルトワークス

ダウンサスよりは確実に低くいなっています。
マフラーが上に上がるようなものがあればもう少し車高は下げられるでしょうね。

 

四輪アライメント調整

HA36 四輪アライメント

たまにスポーツ走行をするそうである程度のキャンバーは欲しいとのことです。

現状の車高でのロアアームの角度に加えてある程度加味したキャンバーにしていきます。
過度な数値になると現在コンフォートタイヤになりますので内減りがひどくなってしまいます。
ラルグスの車高調は現状の車高ですとキャンバーは1度30分ほどがMAXになりますが今回はそこまでは行いませんでした。程よい数値にセッティングをして走りやすさをだします。
あとはトーのセッティングです。車高の変化がでやすい車高調なので今後も考えてマージンをとっての調整をおこないました。

数値もきれいになり四輪アライメント調整完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

リアの固さが少し気になりますがもともとのストロークは少な目のセッティングです。
スプリングが短いのでこうなりますね。
大きい段差以外では全く気になりませんので問題はないです。
直進性などは良い方向になったと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け14000円(税別)減衰ダイアル内張り加工2000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)