86の車高調仕様の1G締めと四輪アライメント調整です。

 

さてまずは点検と1G締め作業です。

1G締め作業

86 1G締め

さて点検で気になる点がありました。
リアのショックのボルトやトレーリングアームのボルトが逆向きに入っていました。
左右で違う入れ方がしてあるなんて取付したお店は気にならないのでしょうかね。それとも素人取付??確認するとお店だそうです。
意識がないとこういった取付になってしまうのでしょうか。

さて締め直しをするのも一度1G状態にしてみてナットを緩めて見ます。
片側は完全に伸び切った状態で締めている感じですね。
走行距離も14万キロなのでここら辺のブッシュは低走行距離車より十分気にするのですがひどいの一言です。

さて締め直しを終えて四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

86 四輪アライメント

 

サーキット走行もおこなうそうなので数値もそれなりの数値に変更をおこなっていきます。
というより1G締めあとの数値がかなりの数値なので調整しがいがあるというものです。

リアのトーの左右差も相当ありますのでまずは正して行きフロントの調整です。
ブリッツの車高調はネガ方向にしか調整幅がないのでブラケット側をおこしてアッパー側でサーキット仕様に調整をおこなっていきます。
内側のキャンバーキングピンアングルを変更していくんです。
調整方法は色々ですが今回はサーキットを考えてのセッティングなので調整が多少違ってきます。
トーの数値は街乗りもあるとのことなので奇抜な数値はやめておきました。

調整完了で試乗です。

 

安定感の変化が若干出ると思っていましたがあまり感じませんでした。
もともとのセッティング不良もありますので走りやすさはかなり出ると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め6000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)