エッセ L235Sにタナベのサステックプロ車高調の取付です。

車高の高さは5cmほど下げたいそうです。

さて説明書を見ると最下部で5cmダウンすることになっています。

車高調取付作業

フロント車高調

フロントからです。

フロントはアッパーマウントとベアリングは純正流用です。
走行距離50000キロほどですがアッパーマウントの中にあるブッシュの劣化があり多少のガタがあります。
1G状態でははまり込むためまだ大丈夫だと思います。
車高の高さはとりあえずは全下げで組んでみます。

リア車高調

リアはトーションビームです。
ブッシュをゆるめて取付していきます。
タナベさんの車高調はアジャスターをイモネジで固定するのでこの作業が少し手間があります。
リアは全下げで53mmなので少し変更していきます。

ブッシュを緩めた状態で測定してみるとちょうど5cmダウンですが最低地上高確保もあります。
この状態では純正のブレスバーのボルトが地上高8.5cmになります。
ブレスバーを外せば車検は行けそうですが今回は9.5mmまで上げました。
車検時までのヘタリでどこまで下がるかにもよりますが少し上げないと行けない場合もあると思います。

車高の高さ

エッセノーマル車高
エッセローダウン車高

それでも見た目は結構低くなりました。
フェンダーのすきまはフロントのありますがフロアはこれでも結構前下がりなんです。

車高が決まって1G締めをおこない試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

エッセ 四輪アライメント

さて四輪アライメント調整です。

フロントタイヤが若干はみ出ています。
純正のときは感じなかったのですがショックのブラケット位置のちがいがあるのかもしれませんね。
結構色々な車種共用みたいですし。

キャンバーを少し寝かして取付をしましたが動き範囲もすくなく少しでています。
ホイールはでていませんので車検はよさそうな気もします。
気になるようであればキャンバーボルトがよいですね。

 

タナベ車高調取付と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて乗り心地ですがこの車高調はリアのバンプカットはNGになっていますのでバンプは残してありますが動きが結構よく大きい段差以外は結構良い感じです。

エッセの車高調は固めのメーカーが多いですが十分しっかり乗れる感じなので良いと思います。

直進性もでて良い感じの仕上がりになりました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取付14000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)