スイフトにHKSの車高調ハイパーマックス4スタイルGTの取り付けです。

HKS車高調

商品は中古品ですが走行距離は少ないそうです。
減衰力最弱で高さは現状での取り付けのご依頼です。

 

車高調取り付け作業

ふろんと車高調 スイフト

さて取り付けで中古品なので部品確認からスタートです。
足りない部品はありませんので純正を外してアッパーマウントを組付けていきます。
写真は組付け後にパシャリです。

あとは車両取り付けです。
フロントはストラットで特別気になるところもなく取り付け完了です。

 

リア車高調

リアはトーションビームです。
こちらもあと調整幅5mm程度のこしてのセッティングで組みあがっておりますんのでそのまま取り付けします。
ショックのストローク長も問題ないです。

 

アンダーカバーとリアはサイドのカバーを外して1G締めをおこないます。
ショックも締め直し取り付け作業完了です。

試乗です。

車高の高さ

 

試乗です。

 

なんだか左に流れる感じがあります。四輪アライメント調整前なので治るかなんとも言えませんがまずは四輪アライメント調整します。

 

四輪アライメント調整

さて測定してみます。
数値はあまりよくない数値ではありますがそこまで流れが出る感じはないです。
まずは調整していきます。
キャンバーの数値は左右差をしっかりとってトーの数値を修正していきます。
リアはトーションビームになり調整が不可になります。

キャンバーはめいいっぱい寝かすと起こすで左右があいました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。流れはやはり消えません。コンピュータと実走でのハンドルセンターに違いがでます。
と言うことは数値よりは動きに関係するものが気になります。
まずはタイヤを見てみるとかなりの段べりがあります。それも取り付けはちぐはぐになっていました。
まずはこの部分を位置を合わせて取り付けします。
この時点で少しは良くなりました。変化がありました。
四輪アライメント数値でキャンバーが現在めいいっぱいな状態なのでもう少しの変化の場合は次回四輪アライメントを実施する機会があればキャンバーボルトのご用意もあった方がよいですね。
そのほかは減衰力で現在最弱なのでもう少し収まるようにセッティングすれば車両の安定感も出てくると思います。
まずはタイヤを交換してみると変化の違いがもっと出る可能性がありますので手持ちのタイヤがあるそうなので交換してみてください。
車高調も中古で新しい状態で外されたということは何か気になる点があるのかもしれませんね。
現状での改善できるところまでおこない作業完了です。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 車高調取り付け作業16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)