SPOONのスプリング交換作業です。

SPOON FK7

SPOONさんはバンプカット量の指定がありますのでカットしての取り付けが必要です。
ダウン量に合わせてのカット量があるので指定通りでいきます。

サスペション交換作業

フロントサスペンション

フロントはナックルに差し込みタイプのお車です。
シビックFK7は差し込みでも比較的簡単な車種ですね。
無理に行うとドライブシャフトが抜ける場合がホンダはあるので角度は無理をせずです。

外してSPOONのスプリングに交換とバンプ加工です。バンプラバーはカットして成型をします。
フロントはロアアームブッシュを緩めるためアンダーカバーを外すのですがアンダーカバーの中がかなりの小石が入っていました。

リアサスペンション

リアです。
リアはマルチリンクでショックとスプリング別体式になります。

バンプラバーは指定量カットしてスプリング交換します。

ブッシュも緩めていきます。
FK7はアッパーアームの内側だけはフレームの中に隠れてしまいますので1G締めは申し訳ございませんが不可になります。

その他の部分はしっかりおこないます。

 

1G締め作業

1G締め

締め直しをおこないます。
ホンダのブッシュはかなり効いていますのでこの作業の交換は大きいです。
締め直し完了でアンダーカバーを戻していきます。
この作業が結構時間がかかるんです。

 

車高の高さ

ノーマル車高 FK7
ローダウン車高 FK7

 

車高はSPOONさんにしては結構下がります。
試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント シビック

フロントはキャンバー調整のためアッパーマウントのピンを抜いておきます。
このピンを抜いたことろに貼るシールもホンダさんから出てるんですね。
今回お客様がお持ち込みになり始めてしりました。

さて調整です。

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整をおこないます。

リアのキャンバーはいつも通り3度近くついていますね。
フロントのキャンバーはタイヤの摩耗のこととロアアームの角度を考えて調整していきます。

調整可能範囲は20分ほどはできますので左右差を整えある程度のところまでは調整できます。

前後のトーも調整して作業完了です。

 

SPOONスプリング交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

バンプカットでもバンプまでの距離はかなり狭いかもしくはタッチ寸前くらいの感じですね。
SPOONさんのスプリングはバンプを使って走るように設計してあると以前確認をしていました。

ホンダのバンプは素材がかなり柔らかくあたった感触はありませんね。
安定化が損なうほどのバンプタッチではないですが道路の流れには沿いやすい感じになりますね。
動きは大事ですがコンセプトも大事ですね。

 

それではこの度は兵庫県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。