N-WGNにRS-Rのダウンサスの取り付けと四輪アライメント調整です。

ダウンサス

ダウンサス取り付け作業

フロントダウンサス

まずフロントからです。
形状はストラット形状でアッパーマウントはセンター1か所どめになります。
錆びは若干ロッドのネジの部分にはありますが外すには問題ないレベルです。
外してスプリング交換をしていきますがこの車両のバンプラバーは加工での取り付けもできないタイプのバンプラバーです。RS-Rの通常ダウンの場合ですとストロークは少し厳しい感じの仕上がりになりそうな感じがします。

リアダウンサス

リアはトーションビームなので交換は付け替えるだけです。
トーションビームブッシュとリアショックブッシュ、フロントロアアームの1G締めをおこない取り付けけ作業完了です。

試乗後四輪アライメント調整です。

車高の変化

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

試乗で感じた安定感のなさは数値にでていました。
トーの数値がかなり数値になっています。この状態ではタイヤの変摩耗もかなりでますし乗り味もかなり悪いです。

しっかり調整していきます。

調整箇所はフロントのキャンバーとトーの数値の調整です。
キャンバーの数値も左右差を合わせてちょうどよい感じの数値に収まりました。

トーの数値を変化させてきれいな状態になりました。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ストロークはやはり少し少なそうですがそこまでひどくバンプタッチしている感じもありません。
しっかりしたストロークが欲しいのであればエスペリアさんのショートバンプラバーもおすすめですがホンダ車はロールが結構増えますのでどちらがよいかですね。

現状は少し硬い感じの乗り心地ですが安定感はありますので問題なく走行できます。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け12000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)