レガシィのサスペンション交換です。

NEWSR

交換部品は純正部品とショックアブソーバーはKYBのNEWSRです。

サスペンション交換作業

フロント レガシィ

さて交換です。
現在は純正ビルシュタイン仕様のサスペンションですがNEWSRに交換していきます。
錆びが結構ひどいですね。ネジが外れればと思いながら行いましたが一度脱着跡がありますのでネジも問題なく取り外しができました。レガシィは固着が多いので良かったです。
ボルトナット類も新品交換していきます。

今回外したアッパーシートのロッド部分は削れて長穴になっていました。部品交換してよかったですね。

スプリング交換


スプリングはそのまま再使用しますがスプリングもショックと同じくらいへたっていますので同時交換が本当は良いと思います。皆さんへたらないって思っている人が多いですが結構車高なんかも変わってるんですよ。
スプリングのサビが結構ありますね。

リアサスペンション レガシィ

リアも交換です。
リアも問題なく取り外しはできましたが運転席と助手席側のアームで動きが違います。
助手席側はアームも外した後はありますが締め付けは1Gで行っていない感じですね。
ブッシュ大丈夫かなあーー。

さてリアのスプリングもですがかなりの錆びがでています。被膜も破れてきていますのであまり錆びが多いとスプリングは折れますので次期を見て交換をお勧めいたします。

 

部品交換完了で1G締めをおこないます。

 

1G締め作業

レガシィ 1G締め

ブッシュ部分を1G状態にして締め付けていきます。
稼働量とテンションを伸び側、縮側同じにしてショックの動きでしっかり受け止めるようにします。
締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

レガシィ 四輪アライメント

四輪アライメント調整は前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。

フロントのキャンバーは基準値にセッティングして前後のトーも基準値にセッティングします。

リアキャンバーに左右差があります。運転席重視での運転が多いのでしょうね。キャンバーの変化はブッシュとスプリングのへたりのための車高の変化で出てきている可能性がありますね。

走行に支障がでるほどのずれではないで調整可能箇所をしっかりおこない作業完了です。

 

KYBショックとりつけと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

KYBのショックはつけたばかりはいつも硬めです。
スプリングの動きが弱いのかショックか強いのかですが両方ですね。
しっかり感はありますので走りは楽になる感じがしました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃  ショック交換16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)