HKSさんのスタイルCの車高調の取り付けです。

HKS車高調

車高はフロント指2本ほどでのセッティングなのでほぼHKSさんの仕様通りになりますがこの車両モデリスタのフロントのエアロがついています。エアロにデイライトがついていてその寸法がすでに250mmほどです。
車検は厳しそうですね。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずはフロントの車高調の取り付けです。
HKSさんの車高調はつくりがよくブラケットもしっかりしていますので安心感があります。
スタイルCは減衰力調整はないので乗り心地はHKSさんの考えた乗り心地になります。
ストラットなので問題なく交換完了です。

 

リアは純正のバンプラバーの加工が必要な車両です。
ダウンサスでもカットすると全然乗り心地がかわりますね。

バンプ加工

ショックを外すにはアームなどのボルトも外す必要があります。
もともと当店は1G締めのため緩めて作業をおこなっていますので大変な車両でもありません。
スプリングも取り付けて車高の高さを再調整して1G締めです。

リア車高調

 

1G締め作業

1G締め作業 プリウス

 

ブッシュ類を1G締め作業おこないます。
可能箇所をすべておこない試乗後四輪アライメント調整です。

ブッシュを1Gで締め直しするとリフトアップ時ショックが全開で伸びないんですよ。
プリウスはブッシュに依存度が高い車両ですね。

ノーマル車高のプリウス
ローダウン車高のプリウス

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

ホイールがワイトレによりそとに出されていますので少しフロントはキャンバーをつけて調整したかったのですがそこまで純正ボルトではキャンバーは尽きませんでした。
現状フロントの車高は推奨より1cmダウンになりその状態で調整して街乗りでよい数値までの調整ができます。

リアは推奨の車高でキャンバーは若干多いですがスタイルC動きであればよい感じの走りをしてくれそうです。

トーを前後調整してフロントキャンバーを合わせて作業完了です。

 

HKS車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

50プリウスはリアのぼよつき感が結構ある車両で段差での動きがすごく気になります。

スタイルCはそういった感じは1G締めやバンプをしっかりすればなくなりますね。
すっと収まります。
走行安定感もよい感じです。
少し硬めですが走りやすさ、安定感はかなりよい感じでした。

 

そして差し入れありがとうございます。
あとでいただきます。

差し入れ

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け作業18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)