現在は純正ですがショックがオイルもれを起こしているそうです。

MRS

取り付けパーツはブリッツのZZ-Rダンパーです。
車高の高さは推奨での取り付けです。
この車両は推奨データがありました。

車高調取り付け作業

フロントから車高調の取り付けです。
フロントのアッパーマウント上部にカバーがMR-SはついていますのでMR-Sはの場合はカバーの加工が必要になります。
コンプリートに近い車高調なので各部の締め付けをおこない取り付けします。

減衰力は中間でのセッティングでおこないました。
サーキット仕様での取り付けなので今回はキャンバーはブラケット部分を寝かして取り付けします。
タイヤがコンフォートタイヤなので少し気になります。

リアも同じくストラット仕様です。
交換していきます。
リアは左右とも一度取り外しをおこなっている形跡がありますね。なんで外したのかはわかりませんが・・・
特別問題もなく取り付け完了です。

1G締め直しをおこないます。

写真を取り忘れてしまいました。
ストラットでもブッシュ部分は結構あるんですよ。ナット側はロックがありますのでボルト側より回して締め付けです。

1G締めが終われば試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

ローダウン MRS

データ通りでした。

 

四輪アライメント調整

MR-Sは中々数値を迷いますが今回は内減り問題ないとのことなのでキャンバーをつけてのセッティングをおこないます。
トーの数値はミッドシップの定番くらいの数値にセッティングをおこないました。

リアのトーの数値はおおよそ決まりましたがフロントの数値をどうするか悩みましたが今回は制動時にインになってでもまずは基本の数値でのセッティングをしました。
奇抜でも良いのですが問題は走って仕様が合わないときに次の変更がわからなくなるのでまずはある程度わかりやすいセッティングがよいと思いました。

 

ブリッツの車高調は前後のキャンバーの調整幅が大きいのでしっかりセッティングもとれます。

調整完了で試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

いままでのノーマルが抜けていたのでしっかり感はかなりでるとは思いますがサーキット仕様での車高調ではやはりない感じがしますね。
まだ減衰力にも余裕がありそうなので今後の走りによってはバネレート変更なども面白いでしょうね。

しっかり走れるようになっていると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)