ヴェルファイアにクスコの車高調ストリートAの取り付けです。

車高調

現在はブリッツの車高調DSC付きがついています。
配線等はご自身で外されるそうなのでモーターまでは外しての作業になります。
同時にリアのスタビリンクも調整式に交換です。

車高調取り付け作業

フロント車高調 ヴェルファイア

まずはフロントの車高調の取り付けです。
説明書に数値は記載されていますのでご要望の数値と説明書の数値を計算しながら取り付けしていきます。
ノーマルがわかりませんので説明書だよりになります。
クスコは純正アッパーマウント対応の車高調です。今回はアッパーマウントまでのコンプリートになります。
スプリング形状がダウンサスのような形状になりますので直巻のようなダイレクト感はなくなりますがワゴンの乗り味的にはこちらの方が良いとは思います。

 

リア車高調ヴェルファイア

リアの取り付けです。
ブッシュを緩めてショックとスプリングを交換していきます。
クスコの車高調は純正バンプラバーの加工が書いてありますね。

バンプラバー加工
この車両のバンプラバーは硬いのでなかなかの加工が入りますのでDIYでは少しむずかしいですね。
スタビリンクも取り付けします。

 

バンプを加工して取り付けをして1G状態前に車高を見てみると・・・・

フロントが3cmぐらい高く前上がりになっています。
寸法間違えもはかり直しましたがありませんでした。
この状態では見た目が悪すぎるのでリアは全上げでフロントは推奨より5cmダウンです。
これでやっとバランスが取れました。
どうしてこういう基準値になっているのか不思議です。1Gの問題だけでそこまでの差は出ないと思いますのでもともとの基準値が微妙なのかな・・・

車高もきまり1G締め作業です。

1G締め

 

緩めておいたブッシュをすべて締め直していきます。
スタビリンクの長さも同時に調整していきます。
ブッシュ締め直しが完了してサスペンション交換完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

ヴェルファイア 四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

クスコの車高調はフロントのキャンバーは30分から1度くらいの調整ができますので基準値ないでちょうど調整が可能でした。
今回はサスペンションの動きを考えて前後のトーの数値の変更とフロントのキャンバーの変更をしました。

数値の左右差も整い作業完了です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

クスコの車高調はしっかりした感じの車高調でした。
スタッドレスタイヤですが少しかたく感じました。今回は減衰力も固めなのでこのセッティングでの固さもありそうです。
お客様は固めがご希望なのでちょうど良いかもしれませんね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) フロントスタビリンク調整1000円(税別) リアスタビリンク取り付け3000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)